再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

“ピッチの妖精” ベトナム女子サッカーのホットガールを一挙紹介

かつてのベトナムの女子サッカー選手と言えば、色黒で野暮ったい田舎娘という印象だったが、それはもはや過去の話のようだ。ピッチ外で若い女子サッカー選手が見せる素顔は、アイドル顔負けのキュートさ。“ホットガール”と呼ばれて男性ファンを引き付けている。彼女たちは青春をサッカーに捧げているが、美しさを追求することも忘れていない。

強豪ハノイFC所属の元ベトナム代表ホアン・ティ・ロアンは、チーム内で与えられたポジションの役割を柔軟にこなし、ピッチでは勝利への執念を燃やす選手。しかし、一度ピッチを離れれば、洗練された女性の顔を見せてくれる。

U-19ベトナム代表のグエン・ティ・スアン・ジエップはモデルさながらの美貌の持ち主。整った顔立ちの彼女を見て、プロサッカー選手という職業を言い当てられる人はいないだろう。

他のクラブと比べても、ハノイFCには美人選手が多い。モデルのようなティ・ロアンやスアン・ジエップとタイプは異なるが、女の子らしい“ガーリー”なスタイルを好むグエン・ティ・タイン・タオも、ピッチでハードワークする姿とのギャップが面白い選手だ。ベビーフェイスの彼女も、やはり強い日差しや雨風の中で練習と試合をしているプロサッカー選手には見えない。ピッチ上の彼女は優秀なサイドバック。高級スニーカー販売のサイドビジネスも展開中だ。

ハノイFCのサイドバックで、今年開催されたAFF女子選手権でベトナム代表の優勝に貢献したグエン・タイン・フエンも美人選手として有名。165cmの長身に褐色の肌の彼女は写真映えするため、投降した写真には常に多くの“いいね!”がつく。

炭鉱産ベトナム所属のズオン・ティ・バンは、小柄で可愛らしい容姿を持つ。フィジカルで劣る分、よく頭を使うタイプの選手。戦術眼の高さでベトナム代表まで上り詰めた。

少数民族サッカークラブのソンラFCに所属するレオ・トゥ・フオンも最近注目を集めている選手の一人。女性らしく、可愛らしく、そして人一倍強いサッカーへの情熱。それが、このソンラFCのミッドフィルダーに言えることだ。

炭鉱産ベトナムの守護神で、ベトナム代表にも名を連ねるコン・ティ・ハンは、色白の肌と170cm近い身長を持つ。現在は東南アジア競技大会(SEA Games)で2連覇を狙う代表チームでレギュラー争いの真っ最中。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック