【サッカー人気1位】受け入れ難い3失点惨敗。問われるのは残…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ACL、2021年から出場枠40チームに拡大、ベトナムもストレートイン枠をゲット

アジアのクラブ王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)。この大会の出場チーム数が2021年以降、従来の32チームから40チームに拡大されることになった。これは東南アジア各リーグの各クラブにとって出場機会の増加を意味する。

現在は東西の地区で4チームずつ8つのグループが組まれているが、21年大会からは、それぞれ1グループを加えて計10グループとする。AFCクラブランキングで、東西それぞれの上位12協会・連盟が2021年からのACLの出場資格を有しており、東南アジアでは、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、シンガポール、ミャンマーが上位12協会・連盟に含まれる。

現在のランキングに基づくと、東南アジアで最も多くの枠を持つのはタイの「2+(2)」※( )は予選プレーオフ枠。現状のルールだと、タイはストレートインが1枠、予選プレーオフ枠が2だが、21年以降はストレートイン枠が1つ追加される。これは韓国と同じ出場枠だ。

東南アジア2番手のフィリピンは「1+(1)」。以下、マレーシア、シンガポール、ベトナムはそれぞれストレートイン枠1つのみが与えられた。なお、ベトナムはAFCカップの出場枠を2つ有している。東部地区12位のミャンマーは予選プレーオフ枠が1つ。インドネシアには出場枠が与えられなかった。

東地区上位12協会・連盟の出場枠( )内は予選プレーオフ枠

中国      3+(1)
日本      3+(1)
韓国      2+(2)
タイ      2+(2)
オーストラリア 1+(2)
フィリピン   1+(1)
北朝鮮     1+(0)
ベトナム    1+(0)
マレーシア   1+(0)
シンガポール  1+(0)
香港      0+(1)
ミャンマー   0+(1)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック