【サッカー人気3位】「J1との練習試合を繰り返した経験は水…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナムサッカー2019年の印象的な出来事トップ10

2018年に続いて、2019年もベトナムサッカーの飛躍を大きく印象付ける1年となった。今回はこの1年間で特に印象的だったベトナムサッカー界の出来事のトップ10を紹介していく。

1:男子ベトナムA代表がAFCアジアカップでベスト8進出

 年初にUAEで開催されたAFCアジアカップでは、ベトナム代表がベスト8進出の快挙を達成。ベトナムは、東南アジア4か国共同開催(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)となった2007年大会以来となる12年ぶりの出場で、見事にグループリーグを突破。決勝トーナメント1回戦でPK戦の末にヨルダンを下してベスト8進出。準々決勝では、強豪日本に敗れたものの、その差は僅かに1点。それもVARでのPKのみで、流れの中での失点ではなかった。

2:AFC U-23選手権予選で開催国ベトナムが圧倒的強さで予選突破、宿敵タイを4-0で粉砕

 3月にハノイ市で開催されたAFC U-23選手権予選(兼東京オリンピック1次予選)では、開催国ベトナムが怒涛の3連勝でグループKを首位突破した。ブルネイを6-0、インドネシアを1-0で下したベトナムは最終戦で宿敵タイに4-0の大差で勝利。圧倒的な強さで本大会出場を決めた。

3:タイのキングスカップで準優勝、難敵キュラソー島代表にPK戦の末敗れる

 タイ・ブリーラムで開催された国際親善大会キングスカップで、ベトナムは宿敵タイに1-0で勝利して決勝進出。リベンジに燃えるタイを敵地で下して、一層自信をつける結果となった。決勝は、オランダ系の選手を多く擁する難敵キュラソー相手にPK戦の末に敗れて、ベトナムは準優勝に終わった。

4:ワールドカップ・アジア2次予選開幕、唯一無敗のベトナムが首位に立つ

 9月から始まったワールドカップ・アジア2次予選では、5試合を終えた現時点でベトナムが3勝2分の勝ち点11となり、唯一無敗をキープしてグループGの首位に立っている。ベトナムは、UAE、タイ、マレーシア、インドネシアと同居する難しい組に入ったが、チームとしての完成度の高さで他を上回っており、安定した強さを見せている。

5:SEA GamesでU-22ベトナム代表が60年ぶりの金メダル獲得

 11月末から12月中旬にかけてフィリピンで開催された東南アジア競技大会(SEA Games)では、男子U-22ベトナム代表が悲願の金メダルを獲得した。ベトナムが金メダルを獲得するのは、かつて南ベトナム代表として出場した1959年大会以来で60年ぶり、南北統一後では初の金メダル獲得となった。ベトナムは今大会でも他を寄せ付けない圧倒的な強さで決勝まで勝ち進むと、決勝ではインドネシアを3-0で下して東南アジアの頂点に立った。

6:SEA Gamesでベトナム女子代表が2大会連続の金メダル獲得

 男子U-22代表と同じく、ベトナム女子代表もSEA Gamesで金メダルを獲得。女子は2大会連続で、最多6度目の金メダル受賞となった。なお、ベトナム女子代表は8月のAFF女子選手権でも優勝しており、東南アジア女王の座を確固たるものにしている。

7:ハノイFCが国内3冠を達成、AFCカップでも大暴れ

 ハノイFCは2019年に、Vリーグ、ベトナムカップ、ベトナムスーパーカップの国内3冠を達成。さらに、AFCカップでも強豪を次々と打ち破って、地区間決勝に駒を進めるなどアジアの舞台でも大暴れした。しかし、2019年に行われたU-15年代の国内大会に下部組織が参加しなかったことから、2020年のAFC主催大会(ACL予選・AFCカップ)出場権を得られなかった。

8:移籍市場でホーチミン・シティFCが前代未聞の大型補強を敢行

 今シーズンの国内リーグで2位に躍進したホーチミン・シティ(HCMC)FCが、来シーズンに向けた移籍市場で大型補強を敢行している。今季2部得点王のFWグエン・スアン・ナム(前所属先フォーヒエンFC)、ベトナム代表のMFボー・フイ・トアン(同SHBダナン)、GKブイ・ティエン・ズン(同ハノイFC)、FWグエン・コン・フオン(同ベルギー1部シント=トロイデンVV)を次々と獲得。特に“ベトナムのメッシ”の異名で知られるグエン・コン・フオンの加入は大きなサプライズとなった。

9:国民的英雄パク・ハンソ監督がベトナムサッカー連盟との間で契約を更新

 ベトナムサッカーを躍進させて国民的英雄となった韓国人指揮官のパク・ハンソ監督が11月初め、ベトナムサッカー連盟(VFF)との間で、ベトナムA代表・U-23代表監督に関する契約を更新した。契約期間は2年間+1年間の延長オプション付き。

10:ベトナム代表ドアン・バン・ハウがオランダで公式戦デビュー

 12月中旬に行われたKNVBカップ(オランダカップ2019-2020)2次ラウンド、SCヘーレンフェーンとローダJCの試合で、ヘーレンフェーン所属のベトナム代表DFドアン・バン・ハウ(20歳)がオランダでの公式戦デビューを飾った。ドアン・バン・ハウは、ハノイFCから期限付き移籍中で、オランダでプレーする初のベトナム人選手。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック