【サッカー人気3位】精一杯のスカウティングも、如実に表れた…

ベトナムフットボールダイジェスト+

元日本代表監督フィリップ・トルシエ氏(現U-19ベトナム代表監督)、日本サッカー殿堂入り

日本サッカー協会(JFA)は9月10日、元日本代表監督のフランス人サッカー指導者であるフィリップ・トルシエ氏を日本サッカー殿堂に掲額すると発表した。トルシエ氏は現在、U-19ベトナム代表監督を務めており、U-20ワールドカップ出場、そして、将来的なワールドカップ出場を目指してチーム強化を進めている。

トルシエ氏は1998年に日本代表監督に就任。2000年のAFCアジアカップで優勝、2002年のワールドカップ日韓大会では日本代表を史上初のベスト16に導いた。日本時代はU-20や五輪代表の監督も兼任し、1999年のワールドユース(現U-20ワールドカップ)では準優勝の快挙を達成。

トルシエ氏は今回の殿堂入りについて、「このような栄誉にあずかり、非常に驚いているとともに感謝の気持ちを抱いています。日本で働いた経験はとても貴重で、忘れがたいものになっています。日本サッカーの発展の一助になれたことを嬉しく思います」とコメントした。

なお、トルシエ氏は2018年にベトナムのプロサッカー選手養成アカデミー「PVF」のテクニカルダイレクターに就任。翌年9月からはU-19ベトナム代表監督も兼任しており、ベトナムサッカーの未来を担う若手の育成に尽力している。

Photo:VFF

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック