【サッカー人気1位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2が再開、首位BRVTが4発圧勝 トップ6争いは熾烈に

新型コロナの影響で中断していた2部ディヴィジョン1(Vリーグ2)が9月25日に再開して各地で第10節の試合が行われた。再開後にスタジアムで観客を迎え入れるかが注目されていたが、全会場で有観客試合となった。

中断前に3連敗を喫していたサンナ・カインホアは、資金難からクラブ存続の危機に面しており、中断期間に主力3選手を売却。第10節では上位争いのライバルであるビンディンFCとアウェイで対戦し、試合終了間際のゴールで追いついて辛くも1-1で引き分けた。両チームは勝ち点17で並んでいるが、得失点差でカインホアが3位につけている。

首位バリア・ブンタウ(BRVT)はホームでフィコ・タイニンに4-0で圧勝。勝ち点を21に伸ばして首位をがっちりキープした。BRVTを僅差で追う2位フォーヒエンFCもアウェイでドンタップFCを1-0で退けて勝ち点1を20とした。

トップ6争いでは、フエFCがアンザンFCを2-1で下して、両チームが勝ち点15で並んだ。得失点差でアンザンが5位、フエが6位となった。ビンフオックFCはXSKTカントーに3-2で競り勝って、勝ち点を14としたが、今節の結果でトップ6には届かずに7位止まり。

今季は新型コロナの影響で大会方式が変更となっており、前期の順位によって後期のグループ分けを決めて、前期の1位~6位が後期のグループAに、7位~12位がグループBに割り振られる。上位のAグループは優勝争い、下位のBグループは残留争いとなり、グループAの首位が来季1部昇格、グループBの最下位が来季3部に降格する。

第10節の結果は以下の通り。

ドンタップ 0-1 フォーヒエン
ビンフオック 3-2 カントー
BRVT 4-0 タイニン
アンザン 1-2 フエ
ビンディン 1-1 カインホア
ロンアン 0-3 ダクラク

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック