【サッカー人気1位】アウェイで鳥栖に完敗 山中亮輔が危機感…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナムの知名度ナンバーワンサッカークラブ、ハノイFCが断トツ1位

アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトはこのほど、ベトナム1部Vリーグ1のクラブの知名度ナンバーワンを選ぶアンケートを実施した。この結果、ハノイFCが得票率80%を獲得し、圧倒的な結果で1位に輝いた。

Vリーグ1での過去の成績およびファンの数を参考にして、候補となったのは、ハノイFC、ホアン・アイン・ザライ(HAGL)、ベカメックス・ビンズオン、ソンラム・ゲアン(SLNA)、SHBダナンの5クラブ。 

4日間にわたる投票の結果、1万1717票が集まった。このうち得票率80%を獲得したハノイFCが知名度ナンバーワンのクラブという結果になった。得票率は以下、HAGL:16%、SLNA:2%、ビンズオン:1%、SHBダナン:1%と続いた。

Photo:AFC

ハノイFCが1位に選ばれたのは驚きに値しない。同クラブは昨季のリーグ王者であり、5度のリーグ優勝(2010、2013、2016、2018、2019)に輝いた実績がある。昨年のAFCカップでは、地区間プレーオフ決勝に進出するなど、アジアの舞台でも印象的を残した。

2位に入ったHAGLは、国内リーグで毎年中位以下に低迷しており、パッとしないものの、FWグエン・コン・フオンやFWグエン・バン・トアン、MFグエン・トゥアン・アイン、MFルオン・スアン・チュオンなど生え抜きのスター選手が多いことで全国的な人気を誇る。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック