【サッカー人気1位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム1部サイゴンFC移籍の高崎寛之がYouTubeチャンネル開設 35歳の海外初挑戦の日々を配信

J3のFC岐阜からベトナム1部サイゴンFCに移籍したFW高崎寛之(34歳)がこのほど、自身のYouTubeチャンネル「ヒロチャンネル」を開設した。

同選手は35歳になる今年、自身初となる海外移籍を決断し、これに伴いYouTubeチャンネルを開設。新天地はベトナム南部の商都ホーチミン市を本拠地とするサイゴンFC。

同クラブは昨年、J1のFC東京と業務提携したのを皮切りに、クラブの日本化を進めており、今オフには、高崎以外にも、J1横浜FCから元日本代表MF松井大輔(39歳)、J2栃木SCから在日韓国人のMF禹相皓(ウ・サンホ、28歳)、タイ1部スパンブリーFCから元FC岐阜のMF苅部隆太郎(28歳)といったJリーグ経験者を相次いで獲得した。

高崎は「ベトナムのことは一切分かりませんが、これからYouTubeを通して、ベトナムのサッカーのことはもちろん、ベトナムでの生活や文化についても発信していこうと思っています」とコメントしている。

高崎によると、現在はホテルで隔離措置を受けており、1月9日にも隔離が終了するとのことで、「早くチームに合流して、サイゴンFCがどんなチームなのか知っていきたいと思います」と続けた。

なお、サイゴンFCの2021シーズン初戦は1月17日(日)にホームのトンニャット・スタジアムで行われるホアン・アイン・ザライ(HAGL)戦で、キックオフは19:15の予定。日本人選手の活躍が期待される今季のサイゴンFC。現地在住の日本人には、ぜひスタジアムに足を運んでもらい、声援を送ってもらいたい。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック