【サッカー人気3位】リカルド監督が7連戦を戦い抜くために必…

ベトナムフットボールダイジェスト+

サイゴンFCの霜田監督が地元メディアの取材に応じる。FC琉球移籍のカオ・バン・チエンについても言及

ベトナム1部サイゴンFCの新指揮官に就任した霜田正浩氏(元日本サッカー協会技術委員長、前レノファ山口監督)が2月25日に地元メディアの取材に監督就任後、初めて応じた。この中で、同氏は先日FC琉球への加入計画が発表されたMFカオ・バン・チエンについても言及している。

-まずはサイゴンFC監督に就任した現在のお気持ちは?

「この機会を下さったチャン・ホア・ビン会長に感謝を申し上げたいです。指導歴26年目で、日本、ベルギー、そして、今回はベトナムで監督として指導することになりました。どのクラブにも、それぞれ直面する課題がありますが、努力して乗り越えていきたいと思います。当初、会長に招かれたときの役割はシニアアドバイザーであり、トレーニングの質改善やチーム全体のマネジメントでした。」

(残り 1583文字/全文: 1923文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ