【サッカー人気1位】クールダウンのみだったので、新シーズン…

ベトナムフットボールダイジェスト+

2021年を象徴するベトナム人アスリート、サッカー・フットサル界からは3人が選出

「2021年を象徴するアスリート選考実行委員会」は1月5日、投票で決まった昨年1年間を象徴するベトナム人アスリートのトップ10を発表した。サッカー・フットサル界からは3人が選出されている。

サッカー・フットサル界から選出されたのは、ベトナム代表MFグエン・クアン・ハイ(ハノイFC)、ベトナム女子代表FWフイン・ニュー(HCMC)、フットサルベトナム代表GKホー・バン・イー(タイソンナム)の3人。

Photo:VFF

2021年を象徴するアスリートトップ10は以下の通り。

1位:グエン・フイ・ホアン(男子競泳)
2位:グエン・ティ・オアン(女子陸上)
3位:チュオン・ティ・キム・トゥエン(女子テコンドー)
4位:フイン・ニュー(女子サッカー)
5位:クアック・ティ・ラン(女子陸上)
6位:グエン・ティ・アイン・ビエン(女子競泳)
7位:ホー・バン・イー(男子フットサル)
8位:グエン・ティ・トゥ・ニー(女子ボクシング)
9位:グエン・クアン・ハイ(男子サッカー)
10位:ホアン・ティ・ミー・タム(女子空手)

指導者部門では、フットサルベトナム代表を2大会連続のフットサルワールドカップベスト16に導いたファム・ミン・ザン監督が1位。また、サッカーベトナム代表を史上初のワールドカップ・アジア最終予選に導いたパク・ハンソ監督が3位、ベトナム女子サッカーリーグ所属ホーチミン・シティ(HCMC)のドアン・ティ・キム・チー監督が4位にそれぞれランクインした。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ