ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム女子代表をW杯初出場に導いた”名伯楽”が勇退を希望 後任は外国人監督となる可能性も

AFC女子アジアカップ2022(兼FIFA女子ワールドカップ2023予選)のプレーオフ(W杯出場国決定戦)を制して、ベトナム女子代表を史上初となるワールドカップ出場に導いたマイ・ドゥック・チュン監督が勇退を希望していることが明らかとなった。

これにより、オーストラリアとニュージーランドで来年夏に共催される女子ワールドカップ2023で、ベトナムは“名伯楽”不在で初出場のワールドカップに臨む可能性が高まっている。

Photo:vietnamnet

(残り 628文字/全文: 917文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ