【サッカー人気1位】これは成功体験か、失敗体験か カップ戦…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム開催のACLグループリーグに臨む横浜F・マリノスのマスカット監督「今は初戦のHAGL戦だけに集中している」

ベトナムメディア「Zing」はこのほど、ベトナム・ホーチミン開催のAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)2022グループHに出場するために訪越した、横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督にインタビューを行い、ベトナムサッカーの印象や大会に向けた意気込みなどについて質問した。

マスカット監督は近年のベトナムサッカーの成長を評価し、ホストを務めるホアン・アイン・ザライ(HAGL)を過小評価することはないと語った。また、レベルが高い選手がいれば、マリノスに連れていきたいとも話した。

開幕戦のHAGL戦に集中している

-グループHでは、横浜FMと全北現代のグループ突破が有力視されています。一方、HAGLとシドニーFCは戦力的に見て、日韓のチームよりも大きく劣っていますが、今回のグループリーグの戦いをどう見ていますか?

「大会が始まる前は、全てのチームが同じスタートラインに立っており、等しくチャンスがあります。過去の成績や歴史といったものは、サッカーにおいて最終的な結果に繋がる重要な要素だとは思っていません。我々は全てのチームをリスペクトしつつ、最善の結果を目指すのみです。」

-従来のホーム&アウェイではなく、ベトナムでの集中開催となったことは、試合に向けた準備やマリノスの戦い方に影響を及ぼしますか?

「グループリーグ開幕を楽しみに待っています。スケジュール的には、開幕戦でホストチームのHAGLと対戦するということで簡単ではありませんが、選手・スタッフ一同で入念な準備をしています。シーズン当初はJリーグに集中してきましたが、今はACLに全精力を注ぐときです。」

(残り 1562文字/全文: 2246文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ