【サッカー人気5位】アディショナルタイムの被弾。ゲームマネ…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム1部HCMCが歩行者天国に大型LEDモニター5枚を設置、SEA Games開幕戦でのパブリックビューイング実施で

ベトナム1部ホーチミン・シティFC(HCMC)は、同市1区グエンフエ通りの歩行者天国に大型LEDモニター5枚を設置して、第31回東南アジア競技大会(SEA Games 31)の男子サッカーU-23ベトナム代表とU-23インドネシア代表の開幕戦のパブリックビューイングを実施する。

今大会はハノイ市を中心にベトナム北部の各省・市で開催される。U-23ベトナム代表が入っている男子サッカーグループAは東北部フート省ベトチー・スタジアムで集中開催されることになっており、開幕戦は現地時間5月6日19時にキックオフ。

HCMCでは、これまでにAFFスズキカップやAFC U-23選手権、SEA Gamesなどの重要な国際大会で同様のパブリックビューイングを実施してきた。

自国開催となる今大会で、2大会連続の金メダル獲得を目指すU-23ベトナム代表は、グループリーグでインドネシア(5月6日)、フィリピン(5月8日)、ミャンマー(5月13日)、東ティモール(5月15日)と対戦する。なお、試合の模様は国営VTVで全試合生放送される。

Photo:Laodong

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ