ベトナムフットボールダイジェスト+

兵役義務でベトナム1部HAGL退団のDFキム・ドンスが韓国2部釜山アイパーク加入で大炎上、エージェント会社が緊急声明で火消し

兵役義務のため、今年5月末にベトナム1部ホアン・アイン・ザライ(HAGL)を退団して韓国に帰国していた元U-23同国代表DFキム・ドンス(27歳、元大宮アルディージャ)が、韓国2部釜山アイパークに加入することが明らかとなった。

今回の移籍を巡ってはベトナムのファンから、「兵役のために帰国したのではなかったのか?」「応援していたのに裏切られた気分だ」などSNS上で怒りと悲しみのコメントが殺到して大炎上。

この騒動を受けて、キム・ドンスのエージェント会社であるDJマネジメント社が対応に追われることとなり、急遽火消しのために声明を発表した。

Photo:BusanPhoto:

同社は今回の韓国帰国と釜山アイパーク入団について以下のようにコメントしている。

(残り 469文字/全文: 861文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ