松沢呉一のビバノン・ライフ

「悲惨に死ね」と願う浅ましさ-「吉原炎上」間違い探し 12[ビバノン循環湯 86] (松沢呉一) -3,041文字-

震災に乗じてデマを流した人々-「吉原炎上」間違い探し 11」の続きです。

 

 

 

現実はどうだったのか

 

vivanon_sentence関東大震災の証言集は当時何冊も出ているのだが、それらの証言の中に、時折娼妓のことが出てくる。たとえば浅草で、着の身着のまま逃げてきた娼妓を見かけたといった内容だ。

通常、娼妓が遊廓外に出る時には、そうとわかるような格好はしないわけだが、この時は着替える間もなく、派手な着物を着ていたり、派手な襦袢が見えていたりしたのだろう。

DSCN5958つまりは、浅草方面まで逃げた娼妓たちがいたってことだ。もちろん、上野方面、三ノ輪方面、千住方面に逃げたのもいた。あの周辺一帯の被害が甚大だったため、逃げた先で亡くなったのもいたろう。場合によっては吉原周辺に留まったがために生き延びたのもいたろう。

その時にどうするのがよかったのかは結果論でしかなくて、情報がない中逃げまどうしかなかったのが大半の人たちだった。娼妓に限らず。

被害の大きかった本所被服廠跡や隅田川の川原に集まった人たちだって、開けた場所に行けば助かると考えたわけで、火災旋風でかえって危険であることを知っている今の時代の人たちがそれを浅はかな選択だと決めつけることなどできない。

中で働く人たちや楼主もまた同じだ。生き残れたかどうかはほとんど運が左右した。生き残った人たちの証言を見ると、吉原では地震で半壊した建物の片付けをするために、その地に多くの人が残っていて、やがて火災が発生して、気づいた時には火の海であった。

その過程で判断にミスがあった可能性はあるだろうし、楼主の中には、どうすべきか迷ったとのことをのちに雑誌で述懐しているのもいる。結局、この楼主は娼妓それぞれの判断に任せている。早い段階で吉原から離れていたら、助かった人たちがより多かったかもしれないが、少なくともこの人物は助かったのだから、判断にミスがあったとは言えまい。しかし、中には、この判断を間違えて、自分自身、焼け死んだ楼主もいたろう。

久保田万太郎が指摘するように、遊廓内にはさまざまな人たちが住んでいて、それらの人々も多数亡くなっているわけで、彼らもまた判断ミスをしたとも言える。そういった可能性を検討するところまではいいだろうが、「大門を開けなかった」というデマについては、繰り返しその悪質さを指摘しておく必要がある。

※図版は焼けた浅草の仲見世と避難する人々。この火や煙もおそらくあとで加えたもの。

 

 

平気でデマを垂れ流す矯風会

 

vivanon_sentence「大門を閉めた」というデマは、矯風会の言うことが如何にデタラメであるのかをイヤというほど理解させてくれるエピソードであり、彼らは目的の正しさが担保されていれば事実なんてどうでもいいのである。その正しさはただの宗教的信念であり、第三者には検証が不可能だ。

このように捏造された話がまさに座談会にあったように「機会ある度ごとに」繰り返され、戦後にいたっても矯風会はこのデマを拡散し続ける。

 

 

吉原は娼妓の自由を拘束していて、大地震、続いての大火災にも大門を開かず、猛火に追われた囚われの婦人たちは、何百名とも知れず、池の中にとびこみ身を沈めて死んでいった。彼女たちの死を悼んで手向けの焼香をする 者は多かった。われわれも追悼会をひらこうと、ちょうど一ヶ月後の十月一日、吉原公園の池の端に集まった。民衆も含めて三百人くらいおり、救世軍の山室軍平氏、小崎弘道牧師、渡辺善太牧師などが来られ、矯風会からも小崎千代会頭はじめ守屋さん、地方代表が集まった。守屋さんは私に「あなた下着は?」ときき「もちろん真っ白さ、貴女は?」と問いかえしたものだ。吉原の楼主たちは、われわれの運動がだいぶ頭にきていたようで、不穏の空気が感じられていた。

 

 

DSCN5964以上は久布白落実著『廃娼ひとすじ』の一文。久布白落実は、初代矯風会会頭の矢島楫子の嘘をともに隠し通そうとした愛弟子と言っていい人物だ。さもありなん。

ここに守屋東が登場しているので、「婦人公論」の座談会に参加した守屋というのはやはり守屋東に間違いがなかろう。

これは1973年刊行の本である。関東大震災から半世紀経ってもこんなことを言っているのだ。門を閉じたために池で亡くなったのが何百名というデマに反論する人もいなくなったからこそ、デマをなお垂れ流すのだ。デマにこうも執着して、「より悲惨に死んでいて欲しい」「より多く死んでいて欲しい」と願うこの異常さはいったいなんであろうか。

そして、この本もまた中央公論社が出している。デマの発生から拡散までこの出版社は加担したのである。

 

 

next_vivanon

(残り 1268文字/全文: 3201文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック