松沢呉一のビバノン・ライフ

台北に住みたい-台北報告 雑談編 11-(松沢呉一) -2,680文字-

国を超えてつながる-台北報告 雑談編 10」の続きです。

 

 

 

「もっと知りたい欲」を刺激する台湾

 

vivanon_sentenceもっともっと台湾のこと、台北のこと、とくに萬華のことを知りたい。この国の売春事情を調べたい。街娼のおねえさん方の話を聞きたい。かわいい男の子と知り合いたい。

そのためには5泊程度では無理です。少なくとも1ヶ月くらい住みたい。どこに行っても「ここに住みたい」と思ったりするものですが、台北はとくにそう思わせるものがあります。

DSCN5099半分本気でありまして、念のため、家賃も聞いてきました。ホテルだと日本の8掛けくらいの感覚で、ボロいビジネスホテルでも、日本円で一泊五千円くらいします。もっと安いゲストハウスもあるのでしょうが、歳をとるとドミトリーは辛く、ホテルだとどうしても月に十万円以上かかります。

しかし、古いアパートであれぱ、日本円で月に四万円程度でも、そこそこ便利なところに住めます。右の写真みたいなところ。風呂つきの2Kや2DKです。そんなに広くなくてもいいんだけど、そういうものみたい。

夜市をやっているところは深夜までうるさいために家賃が安く、私にはむしろ好都合。もし『闇の女たち』が売れたら、しばらく住むかな。毎日夜市、毎日天国。

 

 

台湾の人たちは親切すぎる

 

vivanon_sentence

気に入ったとか、もっと知りたいということもあるのですけど、台湾では日本との差をあまり感じないのが「住みたい欲望」をリアルにします。大陸とは全然違う感じ。明日からいきなり住んでも支障がないように思います。

工業製品の値段は日本とそう大きくは変わらない印象ですが、その辺で食う物はだいたいうまくて安い。香辛料は当然使っているにしても、八角がプンプン臭うってこともなくて、大陸の中華料理よりずっと馴染んでいる味です。おにぎりもコンビニにあります。温泉だって入れます。

親切な人が多いのも安心感を高めます。いざ住むと、その親切さがうざくなることもあるそうですが、1ヶ月だったら耐えられましょう。

要するに世話焼きでおせっかいってことでありまして、その兆しはありました。Facebookの更新を一日一回くらいはしようと思ったのですが、ホテルのWi-Fiが不調で、部屋ではなかなかつながらない。一階まで降りるとスムーズにつながります。

DSCN5438一階の食堂が使われていないため、そこで作業をしてもいいと言うのですが、だったら路上でタバコを吸いながらやった方がいいやと思い、ホテルの前の地べたに腰を下ろしてやっていのですが、何度も「中でやっていいですよ」と言いに来ます。「いやいや、タバコが吸いたい」とポーズ混じりで説明。そしたら、今度は椅子を持ってきてくれまして、申し訳なくて作業をやめることができなくなり、用もないのにそのあとしばらくネットを見てました。親切すぎです。

海外にいる緊張感もまったくなくて、私は部屋のドアに鍵をつけっぱなしで寝てしまったり、外出してしまったりしてました。緊張感ななさすぎですが、とくに問題なし。

ふだんうちの鍵もかけないで外出することが多いので、どうも鍵は苦手です。海外生活するにはまずはそこから克服せねば。

この距離感、この安心感のためでしょうが、やたらと好奇心が刺激されて、その好奇心が満たされないまま帰国してしまったため、やり残した感が強いのです。

 

 

台湾女子とは気が合う

 

vivanon_sentence男でも女でも親切ですけど、私は台湾女子が好きです。性的な対象ということではなくて、男の子以外には全然キュンとはしませんでしたが、つきあいやすいのです。日本に来ている台湾女子もその傾向があると思います。さばさばしていてはっきりしている。ウジウジしていない。

 

next_vivanon

(残り 1307文字/全文: 2855文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック