松沢呉一のビバノン・ライフ

結婚しない生活のために-広島マントル嬢インタビュー 1-[ビバノン循環湯 120] (松沢呉一) -4,337文字-

今回は「街娼に襲われそうになった夜」の続きのようなインタビューです。あちらに「2000年頃のインタビュー」とありますが、もう少し早そう。1998年か1999年ではなかろうか。

「セックスワークの完全非犯罪化は可能か?」に描いたように、ヨーロッパでは、よく見られる「部屋貸し」が、日本では外国人ワーカーが働く場所くらいしか見られない。しかし、その例外が広島です。そのことを詳しく説明してもらったはずだと思って、これを読み直したら、非常に面白い内容でした。「マントル」の説明だけじゃなくて、彼女の考え方も、続けざまに起きる殺人事件の話も、他ではなかなか聞けない内容だったため、これも「ビバノンライフ」で公開しておくことにしました。

今回も写真はすべて都内で撮ったもので、本文には関係ありません。

 

 

広島市弥生町

 

vivanon_sentence広島市弥生町は戦前遊廓のあった場所で、戦後は赤線。そして、現在は「マントル」がある。この地のマントルは、東京などでかつて「マンショントルコ」と呼んでいた業態とはまた違い、この地域独自のものと言っていい。

客引きが街のあちこちに立つのは全国各地で見られる風景だ。弥生町の客引きの多くはおばちゃんである。これも珍しくないが、中身が独自なのだ(これについてはインタビューの中で詳しく説明してもらっている)。

ヤクザ映画のイメージが強いために誤解されがちだが、広島の人たちは滅法親切だ。客引きもその例外ではなく、気さくにおしゃべりに応じてくれる。

こういう業種の人達は、取材を警戒するため、通常は何度も通って顔馴染みになってから取材を申し込む。「あんただったらしょうがないね」ということになるところまで時間をかけるわけだ。

しかし、広島は取材に来る人が少ないこともあってか、警戒心がまるでない(そうとは言い切れないことがインタビューの中で語られているが、私にとってはそういう印象だ)。

立ち話をしたあと、客引きのおばちゃんに、「誰かインタビューに出てくれるのはいないかな」と聞いたら、すぐにどこかに電話をして、アパートの一室に案内してくれた。

「ここでちょっと待っていて」

そう言っておばちゃんはドアを閉めた。

部屋には、ベッドと椅子が置かれ、それ以外に調度品らしきものがない。人が住んでいる気配がないことを除けば、何の変哲もないアパートの何の変哲もない一室である。

広島で言う「マントル」は、このようなアパートを使って行われている。実はこのあたりにあるアパートはたいていが「マントル」に利用されているのだ。

 

 

看護学校からデートクラブへ

 

vivanon_sentence間もなくおばちゃんが戻ってきて、一緒にいた女だけが中に入ってきた。

料金を受取ると、「あとはよろしく」とおばちゃんはまたあっさりとドアの向こうに消えた。

私は「年配の人がいい」とおばちゃんに頼んでいたのに、若いではないか。キャリアが長い方が話は面白い。しかし、この彼女も十分にキャリアは長かった。

椅子に腰掛けると、彼女はにこやかに話しだした。

「ウッフッフッ、私は長いよ。最初は十九歳だから」

彼女は現在三四歳。見た目も歳相応に見える。名前は「このみ」ということにしておく。彼女もまた警戒がまったくなく、こちらの質問にすらすらと答えてくれる。

—最初からここ?

「最初はデートクラブ。似たようなもんじゃけど」

ここで言うデートクラブは東京で言うホテトルのこと。

—そもそもなんでデートクラブに。

「それまでは看護学校に行ってた。病院で助手として働きながら学校に行っていたんだけど、半年しかもたなかった」

—学校だけでも大変なのに、働きながらだともっと大変そう。

「時間的に大変とか、体力的に大変ということもあるんだけど、その病院がよくなかったんだよね」

詳しいことを教えてくれたのだが、その病院の特殊事情があったようだ。真偽を確認しようがないので、ここは省略。

「“もうけっこう”ってなって、半年で病院も学校も辞めた」

—でも、看護婦になりたかったんでしょ。

「そうでもない。他にやりたいこともなくて、“なってもいいかな”って程度。学校を出て、なんかしなきゃいけない。じゃあ、働きながら看護学校に行くかと思った。それは地元だったんじゃけど、学校を辞めて、広島に出てきて人の紹介でデートクラブで働いて」

 

 

他県からの通い

 

vivanon_sentence—広島は地元じゃないんだ。

「今も違うよ。地元じゃこういう仕事はようせんわ」

彼女は現在も他県から通っているのだ。

—遠いな、また。

「一時間じゃけ、そんなに大変じゃない。平日は仕事をしとるから、金曜日の夜に広島に出てきて、月曜日の始発で帰って、そのまま仕事に行って」

この辺の地理感覚がわからないため、他県というだけで驚いてしまったのだが、関東で言えば、茅ヶ崎あたりから渋谷に通うようなものと思ってよさそう。

—いつ寝るの?

「移動の間だけ。その日、客がいなかったら、合間に寝ることもあるけど、月曜日はいつも寝不足だよね。十九歳から二六歳までは広島に住んで、それからはずっと今の生活だから、もう慣れた」

 

 

next_vivanon

(残り 2340文字/全文: 4460文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック