松沢呉一のビバノン・ライフ

今日からできるアライの活動—アライとサポーター 5(松沢呉一) -2,903文字-

アライにできること、アライだからできること—アライとサポーター 4」の続きです。これが最終回。

 

 

 

今日からあなたもアライの仲間入り

 

vivanon_sentence前回書いたような抗議行動は、ヘテロでもハードルが高いかもしれないですが、誰にでも気楽にできるアライの活動があります。

山縣さんが「今思い返すと、学校でゲイだと思われてバカにされていじめられていたヤツってだいたいノンケだったと思う」と言ってました。

実際どうかわからんですけど、男子がなよなよした素振りや言葉使いをしたり、女子が好む色を身につけたり、体が弱かったり、腕力がなかったりするといじめられるわけで、女と男という区分で辛い思いをしているヘテロはいっぱいいましょう。大人になってもそうです。

つまり、ここでのマイノリティは、ダシにされているだけで、それぞれの性別にふさわしい振る舞いをすることが求められ、そこからはみ出すことが制裁されるということにほかなりません。

大人で言えば、いつまでも結婚しないでフラフラしていると、「ゲイじゃね?」と言われる。私はまったく気にしないだけで、実際、そう思われていたりします。つうか、自分が結婚しない理由を説明するのが面倒だし、説明しても理解されないことが多いので、ゲイで納得してくれる方が楽です。

若い頃から男のケツを触るのが好きでしたから、「ホモ疑惑」はつねにありましたし、今だってそう思っている人はいるでしょう。風俗ライターをあれだけやっていてもなお。

人のケツを触るのはどうかと思いますが、ヘテロも積極的にそういう選択をすればいい。ゲイのフリをするのではなくて、ムラのルールからはみ出せばいい。

※今年のTRPで山縣さんの写真を撮っていなかったので、これだけソウルクィアパレードの写真。

 

 

誤解されても困ることはない

 

vivanon_sentence銭湯で風呂から出たあと、中庭で涼んでいると、熱い視線を送ってくるのがいます。「なんでゲイだとわかったかな」と思ってふと自分の股間を見ると、レインボープライドのタオルを腰に巻いています。「ああ、これはゲイだな」と。

チン毛も短くカットしてますしね。ゲイが皆陰毛を短くしたり、全剃りにしているわけではなく、むしろ毛があった方がいいという人たちも多いのですが、今現在の日本では、ヘテロよりも手入れをしている率は高い(詳しくはまた毛のシリーズでやります)。そのため、「チン毛を剃るとゲイだと思われる」という人がいます。でも、ゲイだと思われてもなんも困らんべ。剃りたきゃ剃ればいい。

あるいは近所のスーパーに行った時のこと。ガチムチのカップルがいて、その片割れが私の方をチラチラ見るんですよ。「ラブラブなのに、他の男に色目を使うなよ。ワシはガチムチじゃねえし」と思って、自分の着ているTシャツを見たら、「MAN HUNT」って書かれてました。ゲイの出会い系サイトね。

さすがにゲイはこんなもんを着てスーパーに行かないかもしれず、「あのおっさんは、Tシャツの意味がわからなくて着ているんじゃないか」と思っていた可能性あり。

意味はわかってましたけど、そんなもんを着ていたことはすっかり忘れていたので、半分当たってます。着るものはなんでもいいし、自分がどう見られるかどうでもええわ。

どっちもボロボロになるまで使って捨ててしまいましたが、カメラのストラップはG-menだったし、携帯のストラップはBadiだったし。タオルはレインボープライド、TシャツはMAN HUNT。完璧なコーディネイト。

私の場合、「これによってゲイをサボートしよう」なんて考えているわけではなく、なんも考えていないだけですけど、MAN HUNTのTシャツはもちろん、パレード関連のものも、バレることを恐れて、ふだんは身につけられない人たちがいるでしょう。ヘテロはバレようがないんですから、そういうものをつねに身につけていたい。

※DJ.TASAKAと西新宿パンティーズの夢のコラボ。西新宿パンティーズはゲイとヘテロの混合グループ。バイもいるんだっけかな。

 

 

ムラからはみ出せ!

 

vivanon_sentence「ムラからはみ出すものは制裁される」という話をこのところずっと「ビバノン」で書いてきましたが、セクシュアルマイノリティはムラからはみ出す存在です。

ヘテロでも、そこからはみ出す人たちがいて、「結婚しない」とか「子どもが欲しくない」とか「男のケツを触るのが好き」とか、女だったらヤリマンとか、売春しているとか、AVに出ているとか、意思表示ができるとか、そういう行動をする人はすべて自身のやりたいように生きるだけでアライ足りうる。意識しなくてもアライになるのです。

 

 

next_vivanon

(残り 1086文字/全文: 3029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック