松沢呉一のビバノン・ライフ

脇毛研究に一石を投じる記述—丸尾長顕著『粋女伝』2-(松沢呉一) -2,604文字-

若き日の戸川昌子、湯川れい子、加賀まりこ—丸尾長顕著『粋女伝』1」の続きです。

 

 

誘惑する粋女・宝みつ子

 

vivanon_sentence前回名前を出した戸川昌子湯川れい子加賀まりこのように、今もよく知られる人たち(戸川さんは昨年他界してしまいましたが)だけじゃなく、丸尾長顕著『粋女伝』にはさまざまに魅力のある粋女たちが登場します。

宝みつ子という女優がいます。名前は見かけたことがありますが、詳しくは覚えておらず、検索したら、Wikipediaに項目がありました。嵯峨野れいという名前で歌手の活動もしていて、CDも出ています

Wikipediaには「漫画家の小島功が描く仙人部落のイメージキャラクター的存在としても知られる」とありますが、仙女のモデルになったのか、何かのキャンペーンに起用されたのか、詳しくは不明。

検索している時に気づいたのですが、「仙人部落」は深夜のテレビアニメになっていたのか。私が幼稚園の時ですから、こんなもん、観るはずはないですけど。

 

 

すごいアニメ。動きの悪さ、テンポの悪さ、間の悪さ。でも、癖になりそうです。

本に添えられた写真を見ると、宝みつ子はたしかにこの仙女のように彫りの深い美人さんです。ダンサーとしてデビューし、踊りで世界中を渡り歩き、帰国後は日劇ミュージックホールで活躍。

彼女のところに厚かましいファンから電話があり、「何かあなたの身についたものをくださいませんか」と言います。これに彼女は憤慨し、著者に「あそこの毛を一本抜いて送ってやるわよ」と言ったというエピソードが出ています。相手は喜ぶだけかと思いますが、こういう冗談を言うのが粋。

下半身の活動も活発だったようです。

 

「男から誘惑されるなんて恥よ」

と、いうから勝ち気でそんなスキを見せないのかと思ったら

「違うわよ、こっちから誘惑するのよ」

との仰せである。

 

粋です。

 

 

ワキ毛の女王・内田高子

 

vivanon_sentence内田高子という名前は記憶になかったのですが、初期ピンク映画で大活躍した人で、この人もWikipediaに項目があります。おそらく当時の雑誌でヌード写真くらいは見ているだろうと思います。今後モデル名に気をつけてこの当時のエロ雑誌を見ます。

一般のテレビ映画にも多数出演。

大島渚監督のテレビドラマ「アジアの曙」(1964)の7話、8話にも出ているというので確認してみました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=6gpNEzYx8oI&feature=youtu.be

 

タイトルバックの絵は樺島勝一、脚本は佐々木守石堂淑朗。出演は御木本伸介、小山明子小松方正佐藤慶小林千登勢がかわいい。

 

 

next_vivanon

(残り 1685文字/全文: 2893文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ