『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催 〈お得な前売りは本日18時まで〉

タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

BiSHに続け!!—田中美津インタビューの疑問点 9-(松沢呉一) -3,094文字-

2017年04月21日12時45分 カテゴリ:エロメディアAV音楽アイドルBiSHわいせつ表現連載田中美津インタビュー


女たちも見た目のいい男が大好き—田中美津インタビューの疑問点 8」の続きです。

 

 

いよいよBiSHの清掃員に

 

vivanon_sentenceこのシリーズはもう終わっていいでしょう。今回で終りとして、また書くべきことがあれば別シリーズでやります。

7月22日(土)幕張メッセのBiSHのワンマンのチケット先行発売でチケットが当たりました。ムチャクチャ嬉しい、ムチャクチャ嬉しい、ムチャクチャ嬉しい。

 

 

 

BiSHを知った当初は、「歳も歳だし、ライブまでは行かんでいいじゃろ」と思っていたのですが、YouTubeでライブ映像を観ていると、どうしても行きたくなってくるんです。

音楽業界時代の知り合いもいますから、どっかしらから手を回せばチケットをゲットできるかもしれないのですが、そういうことをしたくないのよね。この「ピュアなファン心を大事にしたい」って感じ。こんな気持ちになったのは久々ですから。

初ライブ体験の予習として、毎週水曜日にFM-FujiでBiSHがやっている「ATTACK OF THE KiLLER BiSH」も聴くようになっています。

これがまた面白いんですよ。

 

 

毎回メンツはいろいろで、6人全員揃うこともあれば、2人だけのこともありつつ、通常はメンバーのうち3名が出演。

組み合わせでノリが違ってくるのですが、チッチ、アイナがいる時は多かれ少なかれ下ネタが入ります。このどちらかがいると、リンリン、ハシヤスメも乗ってきます。モモカン(モモクゴミカンパニー)も時々乗ってきます。アユニ・Dだけは下ネタを言わないですが、あの環境にいたら時間の問題。

 

 

BiSHの下ネタ

 

vivanon_sentenceBiSHの下ネタで私は声を出して笑っていますが、かわいげのない内容です。「馬の精液はメチャ不味い」とか。これはアイナが海外もののポルノで観たらしい。実際になめたわけじゃないからまだいいとして、どんなビデオ観てんだよ。

チッチとリンリンがまたAVに詳しい。2人とも凌辱系が好きらしく、アイナを加えた3人で女優名だけではなく、「しみけんがいい」だのなんだのと男優名を交えて盛り上がっていたりします。私は普通のAVをあんまり観たことがないので、しみけんの名前は知っていても、観たことがないです。

すごくないっすか。腐ってもアイドルっすよ。公共の放送で馬の精液や男優の話っすよ。

昨今のアイドルの面白さに目覚めてから、ずっと疑問があります。アイドルですから、事務所やレコード会社が路線を決定していて、メンバーが作られたキャラを演じている部分はあるでしょうが、たぶんこれは事務所次第、ユニット次第。

BiSHはどこまでなんなのかわからなかったのですが、音楽については「パンクが好き」って話はちいともラジオに出てこないので、そこは大人の作った路線だとしても、下品さについては持ち前のもんです。

いよいよ好きになりましたし、ちゃんと闘っているなあと感心しました。

 

 

※「プロミスザスター」に出演している田中真琴がゲスト出演した回は下ネタがありませんでしたが、アイナがチューしたいと叫んでました。

 

 

「女のためのAV」という手垢のついた常套句

 

vivanon_sentence

田中美津さんのインタビューは、タイトルに「女性のための作品を」とあります。

またこの常套句か。世間一般には通じやすいのでしょうけど、真剣にこの問題をとらえる気がないことを明らかにするだけなので、もうこのフレーズはやめた方がいい。全然闘ってないことの証明にしかならないのです。

田中美津さんは「この男目線で作られているAVを女性たちにこそ見てほしいと思っていました」とも言ってます。おそらく田中美津さんは、「女はAVを観ていない」と信じて疑っていないのだと思います。だから、女たちも「観た方がいい」と勧めているのでしょう。言われなくても観てるべ。

そりゃ、ウーマンリブが盛んだった1970年代に、ポルノ映画館に通う女はいなかったかもしれない。ストリップ劇場に通う女もいなかったかもしれない。エロ本を購読する女はいなかったかもしれない。

ビデオが出てきても、レンタルショップで女がAVを借りるのは勇気が必要でした。そのため、高校時代は親が所有するビデオを持ちよって、女子だけで鑑賞会をやったという話も聞きます。彼氏と一緒に観たという話もよく聞きます。私もラブホで一緒に観たことがあります。

しかし、時代は変わりました。エロ漫画は買いにくいので、携帯配信になって女子マーケットが飛躍的に伸びたのと同じく、AVをネットで観られるようになって、観ている層が広がっているはずですから、AVくらい観たことのある女子は、観たことがない女子よりずっと多いと思います。

 

next_vivanon

(残り 1301文字/全文: 3327文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

前の記事«
次の記事»
ぐろぐろ (ちくま文庫)


クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論
ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性
デモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える
「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件—反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))
エロ街道をゆく—横丁の性科学 (ちくま文庫)

ページの先頭へ