松沢呉一のビバノン・ライフ

女生徒たちの前で全裸に—美術モデル体験記 [3]-[ビバノン循環湯 335] (松沢呉一) -3,778文字-

長野とフランスに注意—美術モデル体験記 [2]」の続きです。

 

 

 

女子美は遠かった

 

vivanon_sentence 女子美というのは、東高円寺にあるとばかり思っていたのだが、現在、東高円寺には短大と付属高校があって、四大は相模大野。これが不便なところにありましてね。その分、キャンパスは広大で、建物も立派。

私は遠足気分だからいいようなもので、日々の仕事だと考えると移動が相当に面倒。この移動だけでも美術モデルは楽じゃないと実感した。

建物の中に入ったら、クロッキー部の告知が張られていて、「7月2日(木)女性ヌード 7月8日(水)男性ヌード(無料) 7月15日(木)学生モデル」と書いてある。

この無料男性ヌードというのは私のこと。タダでいいということで受けてもらった話なんだが、自分には何の価値もないみたいで、「無料」の文字を見ると悲しい。見た目はともかく、私の内面としてはロダンの彫刻のようなイメージでここまで来ているのに。

時間になって、十人ちょっとの生徒さんたちが集まってくる。女子美出身の知り合いはけっこういて、なんとなく親しみがあり、女子美の生徒は遊びまくりともっぱらの評判だが、クロッキー部の皆さん、なんだか真面目そうで、やりにくい。お笑いにできなそうにないですもの。

取材ということは部長には話してあったが、そんなことはどうでもよく、普段のクロッキーと同じ心構えである。 「さあ、やりましょう」ということになるが、何をどうしていいのかもわからない。

 

5:00〜5:20 20分×1 (5分休)

5:25〜5:45 10分×2 (5分休)

5:50〜6:10 10分×2 (15分休)

6:25〜6:45 5分×4 (5分休)

6:50〜7:10 (10分休)

7:20〜7:40 20分×1

 

こう書いた紙を渡されただけ。この時まで私は知らなかったが、ポースはモデルさんがつけるのである。どんなポースでもいいというので、なんとかなるだろう。

Auguste Rodin「Pierre de Wiessant, Nude Study」

 

 

next_vivanon

(残り 2967文字/全文: 3842文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック