松沢呉一のビバノン・ライフ

自宅にヘリのあるお嬢様—勘で読んだ辛酸なめ子著『女子校育ち』(2)- (松沢呉一) -3,418文字-

女子校御三家は半世紀前から優秀だった—勘で読んだ辛酸なめ子著『女子校育ち』(1)」の続きです。

 

 

 

お嬢様系女子校

 

vivanon_sentence前回は、御三家新御三家に代表される偏差値高い系の女子校をざっと説明しました。辛酸なめ子著『女子校育ち』で言う勉強系です。さらに勉強系は「性超越」「努力型秀才」に二分され、「性超越」は、フェリス、吉祥女子など、「努力型秀才」豊島岡、洗足、鴎友、横浜共立などとされています。

しかし、この本で重きがあるのはお嬢様系女子校です。御三家の雙葉はこの本ではお嬢様系に入れられています。たしかに私にとってもそちらのイメージが強い学校です。他に白百合、立教女学院学習院女子聖心田園調布雙葉などがここに入り、そのうち、学習院女子聖心田園調布雙葉が「深窓お嬢様系」。お嬢様中のお嬢様。

お嬢様系女子校を出た知り合いは何人かいますけど、私の知り合いですから、お嬢様であるのは事実として、だいたいお転婆グループに属しており、そのため、どうも私の中でのお嬢様イメージは「親が医者だったり、会社経営者だったり、大学教授だったり。親自身はさして稼いでなくても、代々の資産家だったり。学校ではそれに沿う生活態度でありながら、学校の外ではそこそこ遊んでいる」というものです。

なんで私がお嬢様と知り合うきっかけがあるのかというと、高校時代から、あるいは高校卒業後、音楽関係や演劇関係に関わるのが少なくないのです。金にならないのに、そういう活動を続けられるのは実家に金があるからです。

しかし、大半のお嬢様は表も裏もないわけで、学校の外でも真面目で世間知らずのお嬢様。そういう層とは接点が持てないものですから、その存在が私の認識から欠落していたかも。実際、私は深窓お嬢様系女子校出身者は一人として知らない。それ以外のお嬢様学校出身者だけです。言わないだけ、知らないだけかもしれないですが、たぶん会ったことがない。会っても話が合わないと思います。

学校によりけり、人によりけりですけど、お嬢様学校と言われる女子校は、売春や万引き、飲酒、喫煙はもちろん、男子との交際、交流にも厳しく、学校の帰りにコンビニに立ち寄ったり、キオスクで買物をすることさえ禁止なんですね。小学生かよ。

ゾッとしたのは学校の教師が放課後の行動を見張っていたり、生徒がチクったりするだけでなく、卒業生が見かけて学校に知らせることがあるってエピソードです。そのため、買い食いもできない。BL本も買えない。恐るべき監視網。

生徒はどこに秘密警察がいるのかわかりませんが、秘密警察は制服で生徒を見分けます。秘密警察はなんの使命感に燃えているのでありましょう。これについては追々見ていきます。

※Googleストリートビューより東京女学館。かつてはハイカラ女学生の拠点として知られていましたが、現在、お嬢様度はそんなに高くないようで、『女子校育ち』ではニュートラル系に入れられています。

 

 

自宅にヘリのあるお嬢様

 

vivanon_sentence今なお「アッパークラスな女子校の最高峰」は学習院女子ということも知りませんでした。創設期の華族女学校の伝統が生きています。

一部にそういう層がいるにせよ、学習院女子の生徒の大半は普通の家庭のお子さんたちだと思ってました。学校がお隣でしたから、大学時代は、よく学習院女子の生徒を見かけていたのですが、かわいい子がいても、雰囲気が地味なんですよ。私の中ではどうしても「お嬢様=適度に遊んでいる」というイメージが先行するため、地味だと「フツー」って思ってしまいます。

昔の学習院女学部の「ハイカラなお転婆」層は見た目も派手ですが、ああいう層はすでに学習院女子にはいないのかもしれない。

学習院女子では、あるいは他のお嬢様系女学校でも「ごきげんよう」って挨拶するそうです。小堺一機の口癖かと思ってました。

四谷雙葉の卒業生によると、「みんなのおうちにもヘリはあるの?」と聞いてくるのがいたとの話も出ています。本物のお嬢様はひけらかす気なんてまったくなく、無邪気にそう聞いているだけですけど、自宅にヘリがある家庭って日本にどんだけあるのやら。

住むところがなくて、空き地に放置された、壊れたヘリに住んでいる人の方がまだしも私の周りでは探せそうな気がしますけど、その辺の空き地にヘリは放置されていないか。

こんなん、雙葉でもそうはいないですから、さすがに私はこんなお嬢様には会ったことがなくて、私が知っている範囲ではせいぜいベンツで出勤するヘルス嬢くらいです。あの突拍子もない余裕からすると、たぶん彼女はお嬢様系の学校出身だと思います。彼女もそういう自分をひけらかす感がない。聞けば淡々と答えるだけ。「今考えると」であって、いちいち、どこの学校出身かなんて気にしませんけど、もっと気にしておけばよかった。

 

 

next_vivanon

(残り 1477文字/全文: 3494文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック