松沢呉一のビバノン・ライフ

学校のカウンセリング室は予約でいっぱい—鴎友学園出身者からのメール(1)-(松沢呉一)-3,243文字-

「男女別学肯定論を検討する」シリーズ勘で読んだ辛酸なめ子『女子校育ち』シリーズの裏付け編みたいなものです。

 

 

 

女子校出身者の判断基準

 

vivanon_sentence先日届いた鴎友学園出身者からのメールを紹介します。名前はユリカモメさんにしておきます。

彼女は鴎友学園ズブズブではないので、カラスさんにしようかとも思いました。ある時、彼女のパンツがチラッと見えたことがあって、黒だった思い出を込めまして。でも、カラスは小憎らしいイメージなので、やめておきました。

パンツを見たことがあるくらいで、彼女とは面識があります。しかし、どこの高校出身かなんて興味を抱いたことはなく、女子校出身だと考えたこともありませんでした。

電車の中でエロ話を平気でするような女子校出身タイプではなく、積極的にエロ話を語っているところも見たことがないながら、人の下ネタを聞くのは平気だと思います。でも、「下ネタを聞くのは平気」が女子校出身の証明であるなら、私の周りは98パーセントくらい女子校出身です。

彼女は物怖じせず行動するので、その点では「そう言われればそうなのかも」と思わないではないのですが、あくまで言われればそう思えるだけです。

※カモメの友だち、ユリカモメ。カモメより一回り小さくてかわいい。江戸川区や江東区にいっぱいいますし、足立区、荒川区の荒川沿いでも群れをなしているのをよく見ます。

 

 

唯一確信した女子校出身者

 

vivanon_sentence「勘で読んだ辛酸なめ子著『女子校育ち』」シリーズを書いた時に、すでにわかっている人は別にして、知り合いの中で誰が女子校出身か、具体的に顔を浮かべて考えてみました。

どいつもこいつも「女子校出身だ」と言われればそんな気がするし、どいつもこいつも「男女共学校出身だ」と言われるとそんな気がしてしまいます。

そんな中、たった一人だけ「女子校に違いない」と確信したのがいます。ユリカモメさんの友だちです。不思議ちゃんです。それを自分で演じているタイプでは全然なくて、自分が不思議ということを意識さえしてないと思います。ナチュラルに不思議なんです。

会ってしばらくの間、私は寝ても覚めても彼女のことを考えてました。虜です。いつか何かの役に立つかもしれないと思い、彼女のことはメモしてあります。

たぶん彼女は20歳過ぎていると思うのですが、顔にうっすら産毛が生えています。このことも当然メモしてました。そのことに気づいていながら、女子校出身であることにはつなげていなかったのですが、辛酸なめ子著『女子校育ち』を読んで以降はこれが女子校出身者判定の決定的基準となっています。

顔の産毛は決定的であると同時に、私にとっては唯一の判定基準です。ユリカモメさんは産毛が生えてないので、ノーチェックでした。顔に産毛が生えていない限り、私には「女子校出身かどうか」を見抜くことは困難です。

先週、江戸川区でマクドナルドに入ったら、インド人かバングラデシュ人と思わしき従業員がいました。さすがインド人の拠点、江戸川区です。彼女はヒゲが生えてました。「インドの女子校出身だな」と思いました(あっち方面は、男女ともに顔の毛を剃ることは好まれないのではなかろうか)。

 

 

学校のカウンセリング室は予約でいっぱい

 

vivanon_sentence

無料部分だけ読んで誤解する人が出るといけないので、最初にお断りしておきますが、ユリカモメさんのメールを見て、私は「鴎友学園はいい学校だなあ」と思いました。ここまでも私は「金もらってんのか」ってくらいに鴎友を褒めてきてますが、それが確信に変わったと言っていいでしょう。

誰にとっても完全な学校なんてもんは存在しない中、どこを評価するのかってことであって、いくつか「ここはどうなんだろう」という点がある上での高評価です。

メールは長いので、細切れにしますが、句読点を加える程度の直ししか入れてません。公開前提で書いたものではないのに、誤字もありませんでした。彼女、文章能力が高いです。

 

 

ビバノン読みました。ビバノンでこんなにも鷗友が取り上げられる日が来るとは。私鷗友でしたよー。

たしかに、最終的に理系選択と文系選択が大体毎年五分五分になる異色の女子校でした。

いわゆる’遊んでる’系は学年の5-10%くらいに限られて、あとはみんな部活と勉強の日々。’遊んでる系’の半分以上は辞めていく、それ以外は結局精神病む感じでした。

話を聞いてみると、どの進学校も大体そうみたいですけど、毎日開いているカウンセリング室は予約が取れないほどいつもいっぱいです。

 

 

しょっぱなから衝撃です。高校にカウンセリング室があることがまず驚き。進学校はそんなことになっているってこと自体、初めて知りました。

そうとは思えないですが、私の時代でもそうだったんかなあ。多数派が進学するという意味では進学校ではあっても、就職するのもそれなりにいた並の公立出身としてはにわかには信じ難い。

 

 

next_vivanon

(残り 1323文字/全文: 3395文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ