タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

匿名であることの強さ—ネトウヨ春(夏)のBAN祭り[11] (松沢呉一)-2,691文字-


心の矯風会を抑えろ—ネトウヨ春(夏)のBAN祭り[10]」の続きです。

しばらく関連スレッドを見てないので、内容が古くなっているかもしれないですが、すでに2013年以降のカウンター行動についての一人反省会になっているので、このまま進めます。

 

 

 

 

ニコニコ動画はゴミ箱として放置

 

vivanon_sentenceBAN祭り」では感心することしきりなのですが、「ニコニコ動画をどう考えるか」という議論でも感心しました。

これはBAN祭りが始まって間もなく専用スレッドで論じられています

だいたい以下が代表的意見でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金のために差別を利用している連中は金にならなきゃ撤退します。であるなら、現状、動画で大きな金を生み出しているYouTubeに集中した方がいい。限られた人員を複数の対象に割くと、効果も分散します。

どこの箇所がヘイトスピーチに該当するのかを探さなければならないですから、「BAN祭り」は時間と労力がかかります。ヘイト画像を見続けるには精神力も必要。面白ければいいとして、即製でレベルの低い動画であり、通常、人が共有している良識や見識、知識、常識といったものが欠落してますから、まともな頭をしていたら1本で疲弊します。

企業だったら、人員を費やすだけでも金がかかりますから、事業計画を立てて、予算書を作って、会議に諮り、といった過程を経るので、無謀な計画は実現しないですが、ハンJ民は「心の関東軍を抑えろ」の方針で無謀なことはやりません。

YouTubeの掃除がざっと終わったら、余力で次の場所の掃除をすることになるかもしれないとして、とりあえずYouTubeに集中する方針が「BAN祭り」に多大な戦果をもたらしているのです。

※写真は「神楽坂祭り」より。以下同

 

 

関東軍を抑える秘訣

 

vivanon_sentenceどうしてハンJ民たちが「心の関東軍」や「心の矯風会」を抑え込んでいられるのかを考えると、スレッドという枠組みが作用していることに気づきます。最初からテーマが限定されていて、ルールもスレッドが立てられるたびに掲げられる。書き込みが1000になったところでスレッドを立て直す仕組みは面倒ですけど、その度に最初に立ち返るため、横道に逸れていきにくい仕組みになっています。

それが気に食わない人は参加しない。ここに選別が働きますから、参加している人の質は保たれます。そうじゃない人もいるでしょうけど、実際に報告活動をやっている人たちが中心になっているので、ただのROMは相手にされにくく、エア指導者もさほどは湧いてこない。

仮に考え方の違う人が迷いこんでもその考えを外に出せない。そこからはみ出そうとするのがいると、「スレチ(スレッド違い)と指摘され、「心の関東軍を抑えろ」と注意される。

「朝日新聞」の記事に対して批判的な意見が出るとすぐさま異論が出るように、ここでは遠慮がない。匿名掲示板が持つ機能なのだろうと思えます。

こうしてシングルイシューを徹底できる。

現にハンJ民が心の関東軍を抑えられなかったことがあるように、「抑制する意思がデフォルトになっている場合は」という限定つきです。

また、この方法がとれたのは、祭りのルールが安定しているってこともあります。参加者はひとたびルールを把握すれば、そう大きく変動はしない。敵が応戦してきて、作戦を変更しなければならない局面もまずない。

なにをするのかによって違ってきますが、「BAN祭り」ではベストの方法だったと言えます。

 

 

Twitterの利点とリスク

 

vivanon_sentenceそれに対してTwitterは伝播力があるので、多数の人を集める場合の呼びかけに適しています。集中的に敵を叩くにも向いてます。デマを流すのにも最適です(笑)。

 

 

next_vivanon

(残り 1326文字/全文: 2988文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

タグ : ニコニコ動画心の矯風会心の関東軍神楽坂祭り黒子の部屋

前の記事«
次の記事»

闇の女たち

ぐろぐろ (ちくま文庫)


クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論
ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性
デモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える
「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件—反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))
エロ街道をゆく—横丁の性科学 (ちくま文庫)

ページの先頭へ