松沢呉一のビバノン・ライフ

仕事として考える—要友紀子著『風俗嬢意識調査』の読み方[下]-[ビバノン循環湯 455] (松沢呉一)-4,097文字-

自分では意識しにくい蔑視—要友紀子著『風俗嬢意識調査』の読み方[中]」の続きです。

 

 

 

なぜ彼女らは短期で辞めるのか

 

vivanon_sentence今回の調査では、八割のヘルス嬢が一年以内に店を辞めるというデータが出ている(他店に移動したり、ソープなど他業種に転ずる人たちも八割に含まれているため、必ずしも風俗嬢をやめるということではない)。

なぜ彼女らがそうも短期間で辞めてしまうのかについてはいろいろと考えられ、調査でも、ある程度理由を推測できるデータが出て来ている。そもそも専業ではない層が多いことが挙げられる。どっしりそこに腰を落ち着けて働く気は最初からない。学生であれば卒業までのアルバイト。専業だとしても、目標を設定して、目標達成までの期間限定。就職しても会社と合わず、次の仕事を探しながら、つなぎのために性風俗で働く。こういった働き方が多いのだ。

そして、社会的視線もここに関わる。「いつまでやるのか」と詰問をしてくる客や取材者も短期の仕事になる理由になっている。

時には店の人も「いつまでもできる仕事じゃないんだから、今のうちにちゃんと働いて、ちゃんと稼げ」と叱咤する。一生懸命やらせるためにはこれも有効であり、借金を抱えて、少しでも早くやめたいと思っている風俗嬢にはそう叱咤するのは正しい。

しかし、より積極的にやりたいと思っている人たちに、こういう発想を押しつけても、仕事に展望を見いだし、職業意識をもつことは難しくて、結果、彼女らのやる気を引き出すことにはつながり得ない。

こういう意識は風俗嬢自身の中にもあるわけだが、「このままでいいんだろうか、って思うことはない?」「不安になることはない?」なんてことを繰り返し問われたなら、もともと不安なんてなくても、「このままやっていてはいけない仕事らしい」と不安になってくる。こういうことを聞く人こそが彼女らに不安を与えている元凶である。

こういった外的要因が、仕事への罪悪感を醸成し、職業意識の阻害になっていることも、今回の調査で数字に出ている。

昨日の取材の人も、絵に描いたように、この類の質問を連発していて、私は横からその流れを変えようともしたのだが、無理だった。ちょうど彼の携帯が鳴ったために、そのスキに、私は彼女の言葉と存在を肯定する意味で、「先のことなんて考えてないよな」と言ったら、彼女は「うん」と答えてニコッと笑っていた。

A trip down MEMORY LANE

 

 

仕事としてとらえる

 

vivanon_sentence現在月刊誌でやっている各店のナンバーワンの連載で、私は徹底して仕事についての質問をしている。この取材はあえてそうしていて、極端と言えば極端なのだが、仕事に入ったきっかけや前職くらいは聞くとしても、それが現在の仕事につながっている可能性があるから聞くだけであり、例えば「借金がきっかけでイヤイヤ始めたにしても、どこかで仕事の面白みを見いだす瞬間があったわけでしょ。その面白みはOL時代とは違う? その瞬間と、客が戻り始めた時期は一致してる?」といったように展開していく。

私にとっては、「どんな部屋に住んでいるか」「どんな男とつきあっているか」よりも、「どうやって指名をとっているか」「客によって接客を変えているか」「技術はどこで学習したか」「接客態度や仕事への向き合い方は、始めた当初と今と違うか」「客のことはどうやって覚えるようにしているか」「初会と二回目は接客を変えるか」「指名客の傾向はあるか」「決めのセリフはあるか」「前の店とは客層は違うか」「自分のウリは何か」「風俗嬢としての目標はあるか」といったようなことの方がはるかに知りたいことである。

時には店の経営方針や客質にも関わってくるため、店の人には別途話を聞いて、その上で、彼女が何でナンバーワンなのかを探ろうとする。

この点では、けっこうしつこくて、嫌がられることもあるかもしれない。「別に何にも工夫なんてしてないですよ」と答えても、「なんかあるだろ」と突っ込んだりする。将来の目的については「別にない」でもいいのに、工夫は何かあるはずだと思える。これも実際ないのがいて、私は「天才肌」と呼んでいる。

テクを秘匿しておきたいというコもいるので、「原稿には書かないから教えてくれ」と無理矢理聞き出すこともよくある。店では禁止されていても、実は営業電話をしているのがいたり。あとは本番までは至らずとも、生NGの店で常連さんには生でしていたり、有料のオプションをタダでしていたりと、実際、なんかあったりするもんだ。そういう話を聞いても書けないのだけれど。

こういう部分にばっかりこだわって、時々、年齢やスリーサイズといった基本データさえ聞き忘れ、あとで店に聞いたりもしている。こういうデータは、どうせウソだから、私にとっては、どうでもいい。

Silent movie actress

 

 

next_vivanon

(残り 2172文字/全文: 4196文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック