タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

失われた記憶を取り戻すための対話—彼女は美しかった(中)-[ビバノン循環湯 475]-(松沢呉一)-3,273文字-


本にならなかった原稿—彼女は美しかった(上)」の続きです。

 

 

 

彼女と彼氏との対面

 

vivanon_sentence ある時、私はその街について取材することになって、彼女に問い合わせをした。地元の人じゃないとわかりにくネタなのだ。しかし、その地に住んでいる彼女でも詳しいことはわからず、「彼氏が知っていると思うので、案内させますよ」ということになって、私はその地に向かった。

ホテルを決めてから、事前に聞いていた彼女の携帯に電話し、そこに彼女と彼氏がやってくることになった。私は約束時間の少し前に、ロビーに降りて彼らを待った。やがて男女が入ってきたのだが、これではあるまい。そう思ったのだが、女の方が声をかけてきた。

なぜ私が違うと思ったのかと言えば、美少女ではなかったのだ。あの写真とは似ても似つかない体型であった。横幅があるし、顔も違う。

なぜそうも変わってしまったのかは、そのあと彼らと食事に行った際に本人が教えてくれた。

彼女はやはり体が悪く、ここわずか二年くらいで激太りしたそうだ。しかし、その時に見た限りでは表情も話し方も陽気で、元気そうだった。

見た目は違ったけれど、話をしていくうちに目の前の彼女と『ワタシのシゴト』に送られてきた原稿の彼女とが少しずつ重なっていった。

彼氏に情報をもらい、このあと私は取材に出て、一夜にして無事取材は終了した。彼の情報がなかったら、こうもスムーズにはいかなかったろう。

それから半年ほど経ったろうか。彼女の様子が今まで以上におかしい。SNSではすぐにでも死んでしまいそうなことを書いている。心配になってメールをしても返事がない。

原稿の印象と会った印象がなんとか合致したのに、今の彼女はそれともあまりに違っていた。

※自動彩色です。女児用セーラー服ですが、オシャレ。

 

 

死ぬしか選択肢がない

 

vivanon_sentenceたまたまその地にまた行く機会があったので、私は彼氏と連絡をとった。彼女の様子を知ろうと思ったのだ。

待ち合わせ場所に彼は一人でやってきた。思っていた以上に話は深刻だった。

 

 

next_vivanon

(残り 2523文字/全文: 3403文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

タグ : 虐待退行

前の記事«
次の記事»

闇の女たち

ぐろぐろ (ちくま文庫)


クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論
ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性
デモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える
「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件—反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))
エロ街道をゆく—横丁の性科学 (ちくま文庫)

ページの先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題