松沢呉一のビバノン・ライフ

煙草を吸う女は民族の敵なのにエーファ・ブラウンは愛煙家だった—ナチスと酒・煙草[中]-(松沢呉一)

酒・煙草・肉食を嫌ったヒトラーはそれらを禁止したわけではない—ナチスと酒・煙草[上]」の続きです。

※Eva Braunは英語読みの「エヴァ・ブラウン」で定着しているので、それでもいいのですが、「定着している」という以上にそうする必然性はなく、一方でドイツ語読みの「エーファ・ブラウン」としてるものもそれなりにはあるため、ここではエーファで統一することにしました。

 

 

ヒトラー側近たちの抵抗

 

vivanon_sentenceヒトラー個人は煙草を嫌っていても、結局のところは全体の利益が最優先され、優先順位の高い戦争の勝利に寄与する限りは煙草は容認。「民族の不利益にならない限りは同性愛も容認」と同じですが、独裁者なんだから、戦争になる前に、全面禁煙、全面禁酒、全面禁肉食にすればよかったようなものです。第一次産業が弱いドイツとしては国民が肉食をやめた方が民族のため、国家のためでもあります。

しかし、自分の見られ方や国民の支持を何より気にするヒトラーですから、そうなると強い反発が起きることはわかっていたようです。

自分の周りには煙草をやめるように言っていたようですが、それさえもうまくいかない。

モルヒネ中毒だったゲーリングが煙草を吸っている写真は多数残っています(右の写真)。

ゲッベルスも愛煙家であり、喫煙している写真があります(下の写真)。ヒトラーが嫌うので、目の前では吸わないようにしていたという話もどこかに出てましたが、ヒトラーの前で吸っている写真も複数あります。互いにたいして気にしていなかったとしか思えない。

ゲッベルスの妻のマクダ(Magda)も煙草を手にしている写真があります。プライベート写真ではなく、雑誌に掲載させていたと書かれているものもあります。つまりはヒトラーに反抗していたのだと。自ら望んで写真を出していたわけではないにせよ、マクダともなれば、気に食わない写真を出させないことくらいはできたでしょうから、本人も納得の写真であり、消極的であれ「出させていた」と言えます。

こんなところでヒトラーに対する抵抗運動をしてどうする。「ヒトラーに反したのであればレジスタンス」と定義をすれば、これも立派なレジスタンスです。

彼らが堂々とそうしていたのは、エーファ・ブラウンが大の愛煙家であったことと関係しているかもしれない。エーファ・ブラウンもこの点では強力な抵抗戦士です。いっそのことユダヤ人やジプシーの迫害、障害者や同性愛者の抹殺、東部への侵略まで抵抗してくれればよかったのですが、彼女は政治や社会にはまるで関心がなかったようです。

そのせいなのか、反煙草キャンペーンの表現に対しても規制があって、喫煙者を貶めるような表現は禁止されました。エーファ・ブラウンがユダヤ人か黒人であり、悪魔に魅せられているなんて決めつけるのはまずいですから。おそらくこの禁止はゲッベルスの指図でしょう。愛煙家の連帯。

非科学的、非論理的であることが特徴のナチスでさえ放置できないくらいに反煙草のキャンペーンは非科学的、非論理的だったとも言えます。いつの時代も一緒であり、今も反煙草や反ドラッグのキャンペーンは似たようなものです。

 

 

ヒトラーのダブルスタンダード

 

vivanon_sentence

ヒトラーは煙草や酒、肉食をやめるように人に勧めてはいても、無理強いすることはなく、あくまでも自主的にやめることを待っていたようです。エーファ・ブラウンに対してもヒトラーはタバコをやめさせようとしながらも、エーファは抵抗し、ヒトラーがうるさいとボヤイていました。

食事についても、ヒトラーとの会食では肉が出ないため、ゲストによっては不満が生じるため、料理人は別室でゲストが肉を食べられるようにしていたらしい。ヒトラーもそれはわかっていたでしょう。目の前で食べなければよし。

ヒトラーお抱えの料理人にはユダヤ人がいたことが知られていて、ヒトラーは自分が接する範囲については寛大。イメージとしてのユダヤ人には冷淡で残虐。ナチス全体がそうです。

しかし、周りの人間はそれを忖度して、厳しく規制することもありました。

ルドルフ・ヘス著『アウシュヴィッツ収容所』によると、ヘスは殺人罪で捕まって刑務所から出てきてから、ナチスとも関係の深い「農業志願青年運動」に参加しています。ドイツは食糧自給率が低く、それが東方への侵略構想にもつながっていくのですが、ナチスは農業の促進も民族運動のひとつと位置づけてました。ここでは禁酒・禁煙だったとあります。

わざわざそのことを書いているくらいで、禁止までしていたことが珍しかったのだろうと思われます。

He Was A Strict Vegetarian 左はゲッベルス。鍋の中がなんなのか知りたい

 

 

酒や煙草が必要になる時

 

vivanon_sentenceナチス関連の本を読んでいる時に、どう規制したのか、あるいはしなかったのかを気にしているのですが、皮肉なことに酒や煙草の役割がよくわかってきます。

 

 

next_vivanon

(残り 1291文字/全文: 3346文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック