松沢呉一のビバノン・ライフ

なくてもいいようなものだけれど—名刺の機微[下]-[ビバノン循環湯 552](松沢呉一)

オマンコを気持ちよくしてね—名刺の機微[上]」の続きです。前回同様、図版はStoryville NewOrleans Red-Light District 1897-1917より

 

 

 

葛飾区にて

 

vivanon_sentence続いての名刺にまつわる話。

都内の有名ソープにふらりと入った。ここは「若い素人」を売りにして人気のある店だ。知り合いでこの店の常連がいるし、風俗誌の表3や表4に1ページの広告を出しているので、前々から存在はよく知っているのだが、取材したことはなく、この街に来たついでに見ておくことにした。半分くらいは職業的な興味である。

指名用のアルバムを見ると、ほとんどの女のコに肩書きがついている。「現役学生」「看護婦」「OL」など。すべてが本当だとは思わないが、中には「元」になっているのもいる。ウソならわざわざ「元」とつける必要がないから、案外本当だったりするのかもしれない。

私はアルバムの中から、「人妻」と書いてある女性を選んだ。「人妻だから」ではなく、いい雰囲気だったのだ。

実物の彼女はちょっと疲れが見られるものの、やはりいい雰囲気。しかし、二十三歳というのはウソだろう。五歳くらい上かもしれない。問題なし。

私はさっさか自分で服を脱ぎ、彼女がそれをハンガーにかけたり、畳んでくれたり。かといって、かいがいして脱がしてくれるわけでもなくて、事務的なそっけなさだ。

バスタオルを私に渡し、彼女は風呂の湯を入れる。

「お湯が入るまで、ちょっと待っていてくださいね」

「じゃあ、乳でも揉んでいるか」

服を脱がすと、意外にも豊満な体つき。たぶん子どもはいないと思われて、さほど崩れていない。オッパイもEカップくらいありそうで、その分、自然な垂れ方はしていても、まだまだ張りがある。

ところが、下着を脱がそうとしたら、抵抗。

「恥ずかしいです」と、ここだけは自分で脱いだ。

全裸の彼女を後ろから抱きしめて、背中に舌を這わせる。

「あ、ダメ。背中はくすぐったい」

「じゃあ、ここは」と言ってクリを触った。

「そこはいいけど、まだ洗ってないから」

「でも、この前に洗ったでしょ」

「いや、出勤したばかりですよ」

この店は出勤時間がマチマチらしい。

「どれどれ」

彼女は足を広げた。

「味がしないですか」

「ちょっと塩味」

そういったら、すぐに体を離した。

「やっぱりダメです。シャワーのあとで、してください」

 

 

セックスしてないから子どもはできない

 

vivanon_sentenceクンニはあきらめ、ずっと乳を触ったりなめたりしながら、会話を続ける。

「結婚しているんだっけ?」

「してますよ」

「ダンナも夜の仕事?」

「いや、昼の仕事。ずっと私は病院で働いていたんですよ。夜勤が多かったので、今もその仕事をしていることになってます」

「子どもはいないんだよね」

「いませんよ。いたら働けないですよね。欲しいけど、できないですよ。だって、セックスをしてないから。ここ何年も夫以外の人としかしてないですよ、ウフフフフ」

「浮気しているんだ」

「ここでするだけ」

いつから働いているのかについては、はっきりとは言おうとしない。素人を売りにした店で、「二年やっています」と言うわけにはいかないのだろうが、話しぶりからすると、そのくらいはやっていそう。

「もうそろそろ辞めようとは思っているんですけどね」

そう言っていたはずなのに、5年後いるのがこの世界。

 

 

もったいないからダメ

 

vivanon_sentenceそうこうするうち、風呂が入り、私が湯に浸かっている間に、彼女はシャワーを浴びる。

ここはマットがなくて、スケベ椅子で体を洗ってくれるだけだ。

フェラのあと、キスをしてきた時にクリをいじる。強く抱きついてきて、声を出す。

「ねえ、早くベッドでしましょ」

クンニをすると、激しく身もだえし、指を入れて欲しがる。

指と舌で攻めているうちに、すぐにイキそうになっている。

「ダメダメ」

「もっとして」の意味かと思ったが、彼女は体を起こした。

「もったいないからダメです。こんなふうに攻めてくれる人っていないから、イケることって滅多にないんですよ。中に入ってきてからイキたい」

「二回イケばいい。ここでイッた方が入れてからがもっといいよ」

「絶対無理です。二回なんて絶対イケない。一日二回だってイッたことないのに、続けてなんて無理…アッ、ダメですって」

指の動きを再開したら、すぐに彼女はのけぞり、体を寝かせた。

「ダメダメ、ダメだったら。ああー、もうダメ、イク〜」

 

 

next_vivanon

(残り 2151文字/全文: 4003文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック