松沢呉一のビバノン・ライフ

治安部隊・国軍・国連軍による殺害だけでなく、民衆同士の殺害も頻発するハイチ—ポストコロナのプロテスト[124]-(松沢呉一)

独裁政権が倒れても民主主義が機能しないハイチ—ポストコロナのプロテスト[123]」の続きです。

 

 

 

大統領はスウィート・ミッキー

 

vivanon_sentenceハイチ地震のあとの選挙でミュージシャンのスウィート・ミッキー(SWEET MICKY)ことミシェル・マテリ(Michel Martelly)が大統領になります(スペルからはマーテリーと読めて、そういう表記も多いのですが、実際の発音はマテリに聞こえ、ハイチではしばしばMartellというスペルも使用されています)。

マテリは人気が高かったのですが、廃止されていた国軍を復活し、汚職疑惑もあって、すぐにまたプロテストが始まり、プロテスターたちはマテリの辞任を求めます。

2013年。

 

 

 

この時も死者が出ています。

翌年も続きます。

 

 

これまでの動画でも見られますが、木の枝をもってます。あれでは武器にならず、なんのためだろうと思って検索したのですが、わかりませんでした。ブードゥーに関係する木があるようですが、手にしているのは何種かあるので、それとは違いそうです。

プロテストが激化する中、ローレンツ・ラモス(Laurent Lamothe)首相が辞任しますが、プロテストは終わらず。

2015年12月。

 

 

 

 

絵に描いたような死に方で人が死んどります。私もハイチのプロテスト動画では慣れてしまいました。人が死んで当たり前。

2016年2月、マテリも辞任して、政府不在の国家と言われます。

 

 

誰と誰が闘っているのか

 

vivanon_sentence以下のVICEをよく観るとわかるのですが、プロテスターが闘っているのは必ずしも政府ではありません。

 

 

 

 

反マテリとマテリ支持者が闘っていて、殺し合いをしています。国連軍はそれを止めようとしています。時にその国連軍も敵と見なされますが、始まりは民衆同士です。ここまで出てきた死者も、治安部隊によるものだけではなさそうです。

2016年2月、ジョスレルム・プリベール(Jocelerme Privert)が暫定大統領に。

2016年11月の大統領選挙で、ジュネヴェル・モイズ(JovenelMoïse)が勝利し、現大統領です。

以下はその選挙結果が出る前のプロテスト。もはや何のためのプロテストかわからない。なんのためのプロテストかわからないまま、人が死んでいきます。

 

 

 

 

next_vivanon

(残り 1776文字/全文: 3061文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ