松沢呉一のビバノン・ライフ

新しい学校のリーダーズ、八十八ヶ所巡礼、キズ—プチ新年会で聴いた曲-(松沢呉一)

 

BiSHと新しい学校のリーダーズ

 

vivanon_sentence

私のインタビューと提供図版で20ページほど作っているムック『懐かしエロカルチャー大全』が完成したというので、数日前に、モダンフリークスに取りに行きました。

メシに行こうと福田君に誘われたのですが、行く途中でパンを買い食いしたので、そんなには腹が減っておらず、モダンフリークスでたこ焼きをやることになりました。具材が足りないので、近所に住むにせぽよに買ってきてもらって、3人で小さなたこ焼き新年会です。

私はこの日福田君に教えられるまでBiSHが今年で解散することを知らずにいました。以前から内々には決定していたのですね。

昨年大晦日に紅白歌合戦に出ていたことも知らなかったのですが、そんなピークで解散する美学はたしかにカッコいい。

今年解散すると、BiSHがこの世に存在していたのはたったの8年間です。ビートルズと一緒。消えたから伝説になります。

では、活動をし続けているローリング・ストーンズがカッコ悪いかというと、そんなことはない。続けることに意味があるとする美学もまたカッコいい。

ジョン・レノンは殺されたから伝説になりました。では、ポール・マッカトニーがカッコ悪いかというと、そんなことはない。

最初からカッコいい存在というのがいて、カッコいい存在はどっちに転んでもカッコいいのです。カッコ悪い存在はどっちに転んでもカッコ悪いのですが、カッコ悪いことがカッコよくなる瞬間もあるので、なんでもいいし、どうでもいいというのが正解。

 

 

今は新しい学校のリーダーズの虜

 

vivanon_sentenceBiSHはあんだけ好きでしたから、解散と聞いて感慨は当然あります。しかし、私はアイドルの熱心なファンでいることは難しいとBiSHで学びました。アイドルのビジネスモデルに乗りきれない。清掃員にはなれない。そこにはついていけなかった寂しさもあります。

適当でいたい今の私は新しい学校のリーダーズの方が気になります。福田君とにせぽよにも新しい学校のリーダーズをプッシュしておきました。

新しい学校のリーダーズはダンスが癖になって、毎日チェックしてしまいます。エチオピアなど、アフリカのポップスではダンスに魅せられることがありますが、日本では珍しい。

 

 

 

「こういうのをどこで知るの?」とにせぽよ

「YouTubeさんが教えてくれた」

YouTubeが私の友だち。

 

 

にせぽよのタトゥは八十八ヶ所巡礼から

 

vivanon_sentence写真を撮り忘れましたが、にせぽよ予定通り、新作のタトゥを指に入れてました。渇愛」と「仏滅」の文字です。

にせぽよは、「好きなバンドが仏教用語を多用し、そのバンドが使っているので、このふたつの言葉を入れることにした」と昨年末に言っていました。仏滅はもともと仏教用語ではなくて、民間信仰の六曜由来の言葉であること、対して渇愛は仏教用語であることはにせぽよから聞いていました。

あのあと読んだ岩野喜久代著『投込寺異聞』に渇愛が出てきまして、文字通り愛を欲するという意味であって、仏教とは関係がなかったのですが、この言葉を使ったのは、岩野喜久代が住職の妻だからかもしれない。

その時はバンド名までは聴いていなかったのですが、今回、「なんてバンド?」とにせぽよに聴いたら、YouTubeで曲を出してくれました。

 

 

 

八十八ヶ所巡礼かよ」

「知ってるんや」

「YouTubeに教えられて全MVを観ていると思うぞ。こんだけ人の神経を逆撫でする音と歌詞とヴィジュアルとMVが完璧に揃っているバンドはなかなかないだろ」

全然にせぽよとつながっていなかったのですが、たしかに仏滅だし、タトゥだな。

私もこのバンドは好きですけど、にせぽよは気持ちが悪いもんが好きです。カッコ悪いことがカッコよく見える病気に感染。

 

 

キズの「ゼロ」

 

vivanon_sentenceヴィジュアル系にも気持ちが悪くて好きなのがいて、にせぽよは知っているかどうか聞きたいのですが、バンド名が思い出せない。

「クイズ番組で、答えを間違うとピストルで自殺を強いられて、回答者がどんどん死んで行くMVのバンド」

にせぽよも福田君も知らず。

しばらく福田君が検索して発見。

キズです。キズがバンド名。

 

 

映像に目を奪われてしまいますが、曲がいいし、歌がムチャクチャいいのです。声に魔力があります。曲を作っているヴォーカルの名前は来夢(ライム)。場末のスナック。このバンドはこのカッコ悪さをカッコよさに転ずる力があります。

 

 

next_vivanon

(残り 1532文字/全文: 3570文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ