松沢呉一のビバノン・ライフ

ロシアの独立系テレビ局TVレイン最後の放送—日曜日の新宿とロシア(松沢呉一)

この戦争は移民・難民について考える絶好の機会—ドン・キホーテを褒め称える」の続きです。

 

 

No Pasaran、Нet войнеで幕

 

vivanon_sentence以下はロシアの独立系テレビ「チャンネル・ドシチ最後の放送。

 

 

ドシチのYouTubeチャンネルはすべてのアーカイブを非公開にしたため、オリジナルはもう観られません。

ドシチは西側ではTVレイン(TV Rain)として知られていて、私はナワルニーの件でその存在を知り、「ビバノン」でその映像の的確さを取り上げています

冒頭に出ているナタリヤ・シンデエヴァはTVレインの創設者です。ナワルニーの件でも、民衆側に立った報道ができていたTVレインですが、今回はあの時の比ではなくメディア規制が激しく、15年間続いた放送はNo Pasaran、そしてНet войнеで終わりました。

これ以上やったら命が危ない。放送を続けるとしたら、国外に出てロシアの人たちに向けたロシア語放送をするしかない。

ウクライナ難民はEUに任せて、日本はロシア人の亡命者の受け入れを考えた方がいいのではないか。ただでさえ日本に来ているロシア人たちはロシアに戻れないと言っている人たちが多くて、今回のことで帰化する人たちは増えるでしょう。その手続を簡略化すればいい。これも欧米諸国が受け入れるでしょうけど。

 

 

昨日の新宿

 

vivanon_sentence

ナワルニーはプーチンに暗殺されそうになったことでその存在を広く知られるようになった人物です。当時は「いくらプーチンでもそこまでやるか?」と疑っていた人も多いかと思うのですが、今となっては「あの男ならやる」と確信できましょう。

ナワルニーが重要だと言っていた昨日の午後2時、私もどこかの集会かデモに参加しようと思い立ちました。この件でひとつも参加していないのは居心地が悪い。

日曜日ですから、あちこちでやっているだろうと高をくくっていたのですが、検索したら、そうでもない。

前日の土曜日はさまざまな行動が行われていました。渋谷でウクライナ人の呼びかけによる3千人規模のデモがありました。これに行きたかった。大阪でもウクライナ人の呼びかけの抗議集会があり、新宿駅南口では「No War 0305」と題してミュージシャンたちのライブがあって、これも多数の人が集まって盛り上がったようです。

しかし、日曜日は東京マラソンがあったため、避けたのだと思われて、大きな行動はなく、名古屋でウクライナ人の呼びかけによるデモがあることが告知されてました。名古屋まで行くのは大変すぎます。

それでも午時2時から新宿駅南口で集会があると出ていたので行ってきましたさ。週末は深夜のバイトがあるため、昼過ぎまで寝ているのですが、遅刻してはいけないと思ってこの日は徹夜です。

 

 

共産党の演説会と市民団体の集会

 

vivanon_sentence新宿駅東口では山添拓議員が熱弁をふるっておりました。よくある演説会ですから、事前告知はなされていなかったと見えて、共産党関係の人たちがチラホラとは居ましたが、アルタ前が人で埋め尽くされているってことはなく、プラカードを出している人たち、立ち止まって聞いている人たちは100人に満たなかったかと思います。

 

 

next_vivanon

(残り 1314文字/全文: 2716文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ