松沢呉一のビバノン・ライフ

ロシアから脱出したポルノフィルミとダニラ・トカチェンコ—今もロシアで闘うBFMTH-(松沢呉一)

 

ロシアから脱出してきた人たちも日本に来ている

 

法務省のサイトより、7月31日現在の数字

 

 

ポルノフィルミのウラジミール・コトリャロフは語った

 

vivanon_sentenceうちのパソコンからは開けないので、スマホで見ているわけですけど、毎日欠かさずと言っていいくらいにロシアの独立系メディアであるメデューザをチェックしているのは、国内で抵抗しているロシア人や国外に脱出したロシア人をフォローしているからです。

数日前に、「ビバノン」で前に取り上げたポルノフィルミウラジミール・コトリャロフの長いインタビューが出ていました。

彼らはロシアのクリミア半島への侵攻の際に批判する曲を出しています。

 

 

しかし、今回は曲を出していないのは、忙しかったからだと言ってます。ウクライナ支援のためのコンサートをポーランドやジョージアでやってましたし、はっきりとは言ってないですが、国外に活動拠点を移したようで、これも忙しかった理由でしょう。

 

 

不安なのは生活ができなくなることではなくて、プーチンが戦争に勝つこと

 

vivanon_sentence彼にとってロシアのウクライナ侵攻は心底衝撃だったらしく、すべては戦争前と戦争後に分けられると言ってます。しかし、ロシアがウクライナに侵攻するかもしれないことはロシア軍が国境近くに集まっていたことである程度は予想できていましたし、クリミア半島への侵攻も過去にありましたから、寝耳に水ってことではない。

戦争が始まってもっともショックだったのは、戦争を支持する人たちが多数いたことだ。そんな人々の隣に住むことはできない。

 

 

 

next_vivanon

(残り 1289文字/全文: 2922文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ