【サッカー人気3位】17分の興梠とGK梶川が交錯したシーン…

ヴォルティススタジアム

【練習場から】クロスからのシュートを重点的に練習。

天皇杯1回戦で貴重な先制弾を決めた廣瀬智靖選手。トレーニングから軽快な動きをみせています。

天皇杯1回戦で貴重な先制弾を決めた廣瀬智靖選手。トレーニングから軽快な動きをみせています。


天皇杯2回戦に向けて、今日は約2時間のトレーニングをおこないました。フォーメーション練習では後ろから組み立てて、最後はサイドからシュートへ持っていく形を中心に確認しました。1回戦ではクロスから得点が取れていたので、良い形は継続して次につなげられるようにトレーニングを重ねます。また、守備では常にクロスボールへの対応は重要になってくるので、選手たちもコミュニケーションを取りながら確認していました。

(残り 63文字/全文: 372文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック