【サッカー人気1位】【聖籠ノート】~信頼回復に向けて~

ヴォルティススタジアム

【練習場から】高知キャンプ2日目。フィジカル中心に2部練習を実施。

高知キャンプ2日目【練習場から】高知キャンプ2日目。フィジカル中心に2部練習を実施。http://www.targma.jp/vortis/2016/01/24/post3262/本日も練習の様子をお届けしています!練習後の選手コメントもお届けしています。また、練習の様子を動画もあわせてどうぞ!

Posted by ヴォルティススタジアム on 2016年1月23日

キャンプ2日目、午前中はジョギングを行ったあと、カルロスコーチの主導でサーキットトレーニングをおこない、フィジカルトレーニングで終了しました。

キャンプ2日目スタート!ランニング中にカメラ目線の橋内選手

キャンプ2日目スタート!ランニング中にカメラ目線の橋内選手

午前中の練習について、広瀬陸斗選手は「これまではロング系(長距離)をやってきて、今日はサーキットトレーニングのようなアジリティ系のトレーニングが入ってきました。足に負担もかかってきましたけど、チーム全体で盛り上がりながらやりました」とキャンプ初日の練習を含めて、チームの雰囲気としていい形でフィジカルトレーニングができている様子でした。

午後はバランスサーキットでスタート

午後はバランスサーキットでスタート

GK陣は中川GKコーチのもと別でメニューを消化

GK陣は中川GKコーチのもと別でメニューを消化

シュート練習も行われた。写真は佐々木一輝選手。

シュート練習も行われた。写真は佐々木一輝選手。

午後はバランスサーキットで引き続きフィジカルトレーニングをおこなったあと、ボールを使ったトレーニングを実施。シュート練習をおこなったあと、4対4の対人トレーニングを実施。井澤惇選手は「4対4とかほぼ初めて対人トレーニングだったので、きつかったですけど、みんな裏へ走ろうとしていましたし、積極的にやろうとしていたと思います」と話しています。

対人トレーニングでは球際で激しさも見られた。

対人トレーニングでは球際で激しさも見られた。

その後、人数を8対8まで増やし、ゲーム形式のトレーニングをおこないました。新加入の選手たちがゴールを決めるなど、「味方がどんなプレーしたいのか、自分の特徴とかも合わせながらゲームもできている(山崎凌吾選手)」と徐々にチームとしても手応えを掴んでいる様子でした。

3日目も午前、午後と2部練習を予定しています。

以下、練習後の広瀬陸斗選手、井澤惇選手、山崎凌吾選手のコメントをお届けしています。

(残り 1111文字/全文: 2343文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック