【サッカー人気1位】【マリノスうぉっち】天野純と小池龍太の…

ヴォルティススタジアム

【コラム】新たなオプションとなるシステムを、キーマンのコメントから紐解く。

昨日行われたV・ファーレン長崎との練習試合では、長島監督が予定していた通り、フォーメーションを変更して臨みました。それもベースとなると話をしていた4-4-2の形を少しの時間もおこなわずに、1本目は4-1-4-1で、2本目は3-4-3を採用して挑みました。

トレーニングではオプションとして4-1-4-1と3-4-3を練習してきましたが、いざ同じJ2というカテゴリーの長崎との試合で、どのような状況になるか非常に興味深い一戦でした。1、2本目で、このフォーメーションの鍵となった、岩尾憲選手と長谷川悠選手のコメントと共に紹介します。


1本目の4-1-4-1でアンカーの位置を務めたのは、岩尾憲選手。豊富な運動量はもちろん必要になりますが、それと同時に、1人でアンカーの位置に入ることからバランスを取ることやボールを散らすことなど、他の選手との関係性も非常に重要になるポジションでした。

(残り 1095文字/全文: 1484文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック