【サッカー人気1位】【フロンターレの論点】ベガルタ戦で垣間…

ヴォルティススタジアム

【今週の1ショット】最終戦セレモニー

今週の1ショットでは、練習場をはじめ、様々な場所からとっておきの写真をご紹介します!普段は見られない選手達の素顔がわかるかも!?
——-
本日は最終戦セレモニーの様子を写真とコメントで振り返ります。

「2016徳島ヴォルティスMIP表彰」の表彰がおこなわれ、MIPに選ばれた渡大生選手には、徳島県より記念盾、副賞として徳島ヴォルティスホームタウン協議会から「とくしまブランド品詰め合わせセット」を贈呈された。

「今日清水さんがJ1に昇格した中で、本当に悔しい日でした」と今の気持ちを率直に語る渡選手。そして「この悔しさを糧に来年自分達が繋げていけるように頑張ります。ここでキャリアハイの得点数が出たのも何かの縁だと思いますので、まだまだ沢山取れるように頑張りたいと思います」とコメント。


続いて、クラブを代表して岸田一宏社長が挨拶を行った。
「今シーズンも厳しい戦いとなった中で、皆さんの希望に十分お応えできていないことを申し訳なく思っております。しかしながら、選手、監督、コーチ、スタッフは一丸となって諦めることなく戦ってくれたくれたことに感謝しております。来シーズンも険しい道のりになると思いますが、J1への道のりを決して諦めることなく皆さんと共に引き続き歩んでまいりたいと思っております。どうか皆さん、一緒に歩んでまいりましょう」と挨拶した。

そしてチームを代表して長島裕明監督、濱田武キャプテンが挨拶し、ファン・サポーターの皆さんへ感謝の想いを伝えた。


○長島裕明監督
「J1昇格という目標を掲げながら、このような成績で終わってしまい、すいませんでした。私はチームを離れますが、なかなか勝てない時期にも支えて下さった皆様方に本当に感謝しています。選手達はこれからもまだまだ伸び続けます。クラブももっともっと高いレベルで戦えるポテンシャルを持っていると思います。ぜひこれからも徳島ヴォルティスをよろしくお願い致します。一年間ありがとうございました」

○濱田武キャプテン
「ファン・サポーターの皆さん、一年間応援していただきありがとうございました。序盤戦はなかなか結果が出ませんでしたが、後半戦は自分達のサッカーができ、チームとして成長出来た一年だったと思います。ですが、目標であったJ1昇格を達成できずに申し訳ありませんでした。このメンバーで戦うのは今日で最後ですが、来年こそはJ1に昇格できるようにチーム一丸となって頑張っていきます」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ