『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【徳島vs東京V】試合後の選手コメント:馬渡和彰選手「チームに勢いが付くように、背後へ走ることや縦に仕掛けてCKを取るようなプレーを意識しました」+梶川、ヴァシリェヴィッチ、渡、前川、石井、広瀬

■2017明治安田生命J2リーグ 第1節
2月26日(日)徳島 1-0 東京V(14:04KICK OFF/鳴門大塚/6,149人)
得点者:26′杉本太郎(徳島)
—————

○馬渡和彰選手
チームに勢いが付くように、足元でこねるよりも背後へ走ることや縦に仕掛けてCKを取るようなプレーを意識しました。ボールも回ってきましたし、序盤から良い感じでプレーすることができました。実際チームも「いけるぞ」という雰囲気になったと思います。

(残り 1590文字/全文: 1807文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ