『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【徳島vs名古屋】試合後の選手コメント:前川大河選手「最後の精度の大事さを痛感した試合でした」+カルリーニョス、アシチェリッチ、渡大生、松村亮

■2017明治安田生命J2リーグ第8節
4月15日(土)徳島vs名古屋(14:05KICK OFF/鳴門大塚/6,078人)
得点者:59’馬渡和彰(徳島)61’フェリペガルシア(名古屋)78’永井龍(名古屋)84’渡大生(徳島)
———–

○前川大河選手
怪我明けだったので初めから飛ばしましたが、最後まで走り切れなかったのでとても悔しいです。今日はトップ下に入って、相手のライン間でボールを受けて、攻撃を活性化させることが自分の役割でした。個人的にもチームとしても、最後の精度の大事さを痛感した試合でした。

(残り 880文字/全文: 1136文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ