『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【無料掲載】馬渡和彰選手コメント「得点場面では力むことなく、ゴールの枠内へ蹴ることができました」

■2017明治安田生命J2リーグ第8節
4月15日(土)徳島vs名古屋(14:05KICK OFF/鳴門大塚/6,078人)
得点者:59’馬渡和彰(徳島)61’フェリペガルシア(名古屋)78’永井龍(名古屋)84’渡大生(徳島)
———–

○馬渡和彰選手
得点場面では力むことなく、ゴールの枠内へ蹴ることができました。今日は両SBが上がる形になっていましたが、ゴール前へ行くかどうか躊躇する場面が前半からあったので、あの場面では思い切って走り切るようにしました。
前半にあれだけチャンスを作ったのに、0-0でHTを迎えて嫌な展開だと思いました。ここまで前半と後半でチームのパフォーマンスが変わる試合があり心配もありましたが、後半も引き続き自分たちのサッカーをやれたことは良かったと思います。それだけに、もったいない試合だったという思いが大きいです。最低限の勝点1を持ちかえりますが、昇格に向けてこのような試合をしていてはダメだと思っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ