『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【こぼれ話】得点後、ゴール裏へ走り出した馬渡和彰。

前節・名古屋戦(2△2)、チャンスを作りながらもゴールネットを揺らせず嫌な展開が続いた前半。しかし、その状況を打開したのが馬渡でした。広瀬のアーリークロスが逆サイドまで流れ、「力むことなく、ゴールの枠内へ蹴ることができました」と見事な先制点。

そして、得点後に馬渡が両手を広げて迷わず向かったのが「点を取ったら行こうかなと思っていました」とサポーターのいるゴール裏でした。

(残り 297文字/全文: 482文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ