『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【徳島vs岐阜】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「苦しい状況でも追い付けたことをポジティブに考えたい」

■2017明治安田生命J2リーグ第13節
5月13日(土)徳島 1-1 岐阜(16:03KICK OFF/鳴門大塚/3,762人)
得点者:83’永島悠史(岐阜)90’+4岩尾憲(徳島)
———–

●リカルドロドリゲス監督
岐阜のようなチームには、非常に難しい戦いを強いられます。彼らはボールを保持していない時でも素早いカウンターを仕掛けられますし、ボールを保持している時は上手くボールを動かすことができます。しかし我々も前半に多くのチャンスを作ることができました。それは前からの良い守備と良い攻撃ができたからです。
前半に作った数回のチャンスを決め切られなかったこと、また後半も同じようなことになったことが、このゲームの大きなポイントだと思います。そのような展開の中で相手に先制されてしまいましたが、最後の最後で追い付けたことは良かった点だと思っています。我々が作ったチャンスの数から考えると勝点3を取れてもおかしくなかったゲームでしたが、苦しい状況でも追い付けたことをポジティブに考えたいと思います。

Q:山﨑選手が窮屈そうにプレーしていたが、どのような役割を求めていたのか?また監督の目にはどう映っていたのか?
彼は元々あのポジションでないということは理解しています。ボールが入った時に苦戦している印象はありましたが、彼には速さを活かして相手エリアの深くまで侵入していくプレーを要求していましたし、実際前半にも彼が起点となっていいプレーをしていました。内田選手を右に入れるプランもあり、交代で入った時はそのように配置しましたが、やはり今回のゲーム前の判断としては、山﨑の方がより深さを取れて速く前へ運べるということで決断し要求をしました。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ