都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

ヴォルティススタジアム

【水戸vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「(メンバーの変更は)90分間通してチーム全体がパフォーマンスを発揮することが大切だと考えました」

■2017明治安田生命J2リーグ第15節
5月21日(日)水戸 0-1 徳島(14:03KICK OFF/Ksスタ/4,307人
得点者:13′ 大﨑淳矢(徳島)86’前田大然(水戸)
———–
○リカルドロドリゲス監督
「今日みたいな試合は、戦う前から難しいと思っていました。特にこの気温、30度を超える天候の中で試合に入りました。

前半はしっかり1点を取ることができて、相手にもチャンスを与えることがなくコントロールできました。後半に入ってセットプレーなどで押し込まれて、同点ゴールを決められてから、相手の気持ちも上がってくる中で押し込まれる状況となり、ラスト5分~10分は相手に数多くのチャンスを作られてしまいました。失点する可能性があるとすれば、カウンターやセットプレーしかないと話をしていて予想していましたが、結果的に引き分けになってしまいました」

(残り 446文字/全文: 823文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック