【サッカーパック人気2位】 難攻不落の水戸城を攻略せよ。ディフェンスを強調し、K’s決戦に赴くFC…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs讃岐】試合後の選手コメント:佐藤晃大「やっとスタートラインに立てた」内田裕斗「今は歯を食いしばって頑張るしかない」、ヴァシリェヴィッチ、木村、渡

■2017明治安田生命J2リーグ第16節
5月27日(土)徳島 1-1 讃岐(16:03KICK OFF/鳴門大塚/5,409人)
得点者:36’西弘則(讃岐)51’渡大生(徳島)
———–

○佐藤晃大選手
終盤にピッチへ入りましたが、サイドから崩されていたのでその部分の修正と、逆にサイドに流れてボールを受けるように指示がありました。
個人的には、やっとスタートラインに立てた感じです。怪我のリハビリもあり、チームが連戦で苦しい時に力になれなかったので、「出られるようになったら、絶対にやってやる」という気持ちを持っていました。ここからはチャンスをもらえれば、全力でチームのために戦いたいです。
今シーズンは全員がゴール前まで侵入して、危険なエリアでプレーしています。自分も好きなサッカースタイルですし、あとは決めるだけだと思います。その部分でチームの力になれるよう、しっかりと準備していきます。

(残り 976文字/全文: 1372文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック