『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【名古屋vs徳島】長谷川徹選手「PKは運だと思っているので、その中でもやられずにリードした状況でハーフタイムを迎えられてよかったです」

■2017明治安田生命J2リーグ第22節
7月8日(土)名古屋 0-2 徳島(18:03KICK OFF/豊田ス/12,959人)
得点者:6’井筒陸也(徳島)55’杉本太郎(徳島)
———–
○長谷川徹選手
「しっかりアウェイの中で勝点3を持ち帰れたことが良かったと思いますし、連勝を切らさずに、また次の試合で戦えることが大きいです。
(PKは迷いがありませんでしたね。)
PKは運だと思っているので、その中でもやられずにリードした状況でハーフタイムを迎えられてよかったです。(永井選手の癖なんかを知っていたわけではない?)はい。

(古巣の名古屋との対戦でしたが)
まあ・・・特別な思いとかはなくて、とにかくしっかりアウェイで勝点3を取るつもりで来ていたので、しっかりそれができて良かったです。
(楢崎さんとの対戦でいいところが見せられたと思いますが?)それは全然・・・比較できる立場じゃないので(笑)、本当にすごい方なので。やっぱりこのスタジアムやサポーターの応援もJ1級だと思うし、やっぱり名古屋グランパスというのは小さいころから優勝争いをしているチームでそれを見てきましたし、そういうチームであってほしいし、また(お互いに)J1でできたら最高ですね。
(徳島サポーターへメッセージをお願いします)
アウェイの中、大勢の方が来てくれて感謝していますし、このまま一緒に戦ってずっと連勝を続けていけたらいいなと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ