『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

清原翔平選手がチームに合流!「いい選手がいっぱいいるので、その中でいい競争ができればいい」

本日、セレッソ大阪からの期限付き移籍で加入した清原翔平選手がチームに合流し、早速練習に参加した。
練習後、記者の質問に応えた清原選手のコメントをお届けしています。

○清原翔平選手
「気持ちの中ではどこへ行ってもチャレンジしなくてはいけないと思いますし、(徳島には)いい選手がいっぱいいるので、その中でいい競争ができればいいなと思います。チームがJ1へ上がるために、自分は何ができるのか、そういうところを見つめ直して、これも新たな挑戦かなと思って徳島へ来ました。

(岡田強化部長からいろいろなメッセージがあったかと思いますが、響いた言葉はありましたか?)全てというか、この徳島が上がっていく上でどういうチームの方向性なのか教えてもらって中で、今年に懸ける気持ちやチャンスだということがが伝わってきましたし、僕も新しいチャレンジがしたかったので、それが一致したのかなと思います。


(初日の練習に参加してみていかがですか?)ギャップはなかったですね。リカルド監督のスタイルというのもありますし、試合を見ていても個性のある戦い方をしているなと思います。そういったことを練習の中でしっかり落とし込んでいければと思います。初日でしたけど、学べることがあったかなと思いますし、充実していけるなと思います。

(徳島の選手の中でゆかりのある選手はいますか?)いないかな。馬渡とかは金沢で入れ替わりですし、全員が初ですね。ただ知り合いの知り合いはいますけど、つながりは結構あるので、そこは共通の話題は作れていけるのかなと思います。チームに早く馴染んで、自分のパフォーマンスを出していきたいです。

(徳島の試合の印象をもう少し詳しく教えてください)中盤もそうですけど、まず攻撃的というのと、今までのJ2の戦い方だとしっかり守ってカウンターで点を取って1-0で勝てるチームが多かったですけど、今年になって徳島や千葉だったり山口だったり、フォーメーションも結構変えてやっていますし、それがスペインの主流なのかなと思います。そういったことも個人的には学べるかなと思いました。
(得意なポジションについて監督に聞かれましたか?)いろいろなフォーメーションをやっているけど、どこが得意なのかは聞かれたので、それぞれに応じて自分のやりやすいところをあてはめていきたいです。

(ニックネームは)キヨで呼んでくださいとみんなにも言いました」

チーム内唯一の同い年、木村選手が練習後に一人走っているのを見つけて一緒にランニングをしていた清原選手。 「自分も練習後に走っていたので、見つけた!と思って一緒に走りました。たまたま同い年でしたね」と話していました。木村選手も同い年の選手が来て嬉しそうです!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ