【サッカー人気3位】過去2年最も低調な内容

ヴォルティススタジアム

【徳島vs山口】フォトレポート:大﨑淳矢、ハットトリック!攻守共が噛み合い5発快勝。

■2017明治安田生命J2リーグ第29節
8月20日(日)徳島 5-0 山口(18:30KICK OFF/鳴門大塚/4,430人)
得点者:35′ 渡大生(徳島)38′ 大﨑淳矢(徳島)48′ 大﨑淳矢(徳島)52′ 山﨑凌吾(徳島)90′ 大﨑淳矢(徳島)
——

山口戦のスターティングメンバー。前節と同じメンバーで臨んだ。

上位陣との差を離されないためにも負けられない一戦となったヴォルティスは、前節と同じメンバーで山口に挑んだ。
「相手もインテンシティを高く保っていたので苦戦しました(リカルド監督)」と残留へ必死の山口に、前半14分にマルセロビダルに強烈なヘディングシュートを打たれるが、守護神・長谷川徹が好セーブで切り抜ける。前半20分にはキムジョンピルのスルーパスに抜け出した好調の山﨑凌吾がGKも交わしシュートを放つも惜しくも枠外。試合序盤は一進一退の攻防となる。
そんな中、34分に大﨑のパスをダイレクトで山崎がタイミングよく中へ折り返すと、渡大生がDFをフェイントで交わしてシュート!先制点を奪う。「先制してもそれで安心するのではなく、追加点をどんどんと狙いに行く(渡)」と話す通り、ここからヴォルティスが一気に攻撃のギアを入れる。38分には浮き球のパスを渡が絶妙なトラップからクロス。最後は大﨑がニアで合わせ追加点を奪い2-0で折り返す。

48分、キムジョンピルのスルーパスに抜け出した大﨑淳矢が冷静にゴールを流し込みこの日2点目!

後半に入っても攻撃の手を緩めないヴォルティス。48分に大﨑淳矢がこの日2点目となるゴールを決めれば、52分には 山﨑凌吾にもゴールが生まれる。その後もテンポの良いポゼッションと前線からの効果的な守備からカウンターで相手を脅かし続けゲームを支配。そして90分、渡のボールカットから大﨑淳矢がドリブルで持ち込みシュート。ネットに突き刺さりハットトリックを達成。5-0で山口に完勝した。
試合後「単にゲームに勝つだけでなく、あらゆる形であらゆる選手がゴールを奪うという点から見ても、とても満足のいくゲームでした」とリカルド監督。「攻守共が噛み合った良いゲームだった(井筒)」と大きな手応えを掴む勝利となった。

試合後、四国ダービー以来のホームゲームでの勝利をサポーターに報告をする選手たち。

■試合フォト

(残り 107文字/全文: 1270文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ