Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs山形】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「特に鈴木選手が入ってから大きく流れが変わったように感じました」

■2017明治安田生命J2リーグ第30節
8月26日(土)徳島 1-1 山形(19:03KICK OFF/鳴門大塚/4,567人)
得点者:20’渡大生(徳島)71’阪野豊史(山形)
———–

○リカルドロドリゲス監督
前半は非常によいプレーができました。しっかりとボールを保持しながらチャンスを作り、相手にもチャンスを与えず、先取点を取ることもできました。しかし前半の終わり頃から、自分たちの考えていたプラン通りのゲーム運びができなくなってきて、その流れのまま後半に入ってしまいました。特に相手の10番、鈴木選手が入ってから大きく流れが変わったように感じました。相手のプレスが勢いを増し、自分たちは球際で負ける場面が増えてきました。そして相手に押し込まれる時間帯の中でセットプレーから失点し、ドローという結果に終わってしまいました。

(残り 557文字/全文: 923文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック