『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「どういう展開がいいのかしっかり明確に持って戦う」山﨑凌吾選手「勝点3を持って帰ってきたい」内田裕斗選手「サイドで仕掛けてチャンスを作っていきたい」ーJ2第32節長崎戦に向けた監督・選手コメントー

明日、9月10日(日)は、徳島ヴォルティス vs V・ファーレン長崎戦(AWAY)となります。

本日は、リカルドロドリゲス監督、山﨑凌吾選手、内田裕斗選手コメントをお届けしています。

○山﨑凌吾監督
「9得点という数字は個人的には少ないと思っているし、まだまだ取っていきたいと思います。渡選手からのアシストでしたが、お互い見ていますし、常に二人がゴールに絡むプレーをすれば点も取れるので、これからもこの関係性を続けていきたいと思います。
しっかり自分たちがボールを動かして、自分たちが主導権を握っていくというサッカーがここ2試合出来ていないので、そこをしっかりして、もっとゴールのチャンスを増やして多く得点を取って無失点で終われるようにしないといけないと思っています。
明日の試合は昇格に向けて負けられませんし、長崎も勝点も順位も近いので絶対に勝点3を持って帰ってきたいと思います」

(残り 1144文字/全文: 1528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ