『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【長崎vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「前半は、自分たちの立てたプランが上手く行かなかった」

■2017明治安田生命J2リーグ第32節
9月10日(日)長崎 2-1 徳島(19:05KICK OFF/トラスタ/4,744人)
得点者:56’幸野志有人(長崎)60’翁長聖(長崎)85’山﨑凌吾(徳島)
———–

○リカルドロドリゲス監督
「今日は2-0になってしまったあとから、プレーは良くなったと思います。ただ、そこまではどうしても集中力がなかったのか、そういったことがいろいろと影響して、他会場の結果とかも、そういったところがメンタル的にも影響したのかなと思います。そこまで良いプレーはできませんでした。ただ、60分過ぎくらいから我々のプレーもだいぶ良くなってきて、そこから試合をうまく支配して進めることができました。2-1になってからポストに当てたシーン、あそこのシーンが決まっていればという感じだったんですが。ただ全体的に見たら引き分けが妥当な結果だったんじゃないかなと。引き分けに値したゲームだったんじゃないのかなと思っています。ただPKの場面についてはまだビデオを見ていませんが、PKではなかったように見えましたし、そういったことも結果に左右したのかなと思います」

(残り 432文字/全文: 922文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ