見えてきた?今年のJ2勢力地図(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs町田】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「同点に追い付いたという点をポジティブにとらえたい」

■2017明治安田生命J2リーグ第34節
9月23日(土)徳島 2-2 町田(16:00KICK OFF/鳴門大塚/3,941人)
得点者:41’増田繁人(町田)71’鈴木孝司(町田)73’渡大生(徳島)83’渡大生(徳島)
———–

○リカルドロドリゲス監督
前半、戦前に立てていたプラン通り、ある程度はやりたいサッカーができていました。しかしセットプレーの流れで我々にミスがあり、そのワンチャンスを決められてしまいました。後半開始と同時に、多少リスクを冒して攻撃的な選手を交代で入れましたが、逆に相手の得意とするカウンターで2点目を許してしまいました。我々としてはその直後のゴール、そして同点となる2点目を決めたことは評価できる点です。その後もカウンターで3点目を取るチャンスがありましたが、そこは決められず逆転までは届きませんでした。
いろいろな思いはありますが、今日のようなゲームでは、同点に追い付いたという点をポジティブにとらえて、これからもしっかりと戦い続けなければと思っています。ただし簡単なミスや失点は、これまで同様に今後もなくす努力をしていきます。

(残り 552文字/全文: 1033文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック