『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

「自分たちのスタイルを貫くことをしっかり出したい(羽地登志晃監督)」Jユースカップに向けた監督・選手の意気込み!(1)

トップチームがアウェイ岐阜戦を戦う同日の10/14(土)に徳島ヴォルティスユースが参加する「2017 Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会」が開幕します!徳島ヴォルティスユースの1回戦はザスパクサツ群馬戦。
徳島ヴォルティスユースは、現在プリンスリーグ四国を14戦負けなしの首位に立っており、本大会でも期待が高まる。
チームを率いるクラブOBでもある羽地登志晃監督、倉貫一毅コーチはじめ、3年生3選手と注目選手3人に意気込みを話してもらった。

<試合情報>「2017 Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会」1回戦
10/14 (土)13:00キックオフ 徳島ヴォルティスユースvsザスパクサツ群馬U-18
@徳島スポーツビレッジ
Jユースカップのトーナメント表


●羽地登志晃監督
Q.プリンス首位で迎えるJユースカップです。どのように臨みたいですか?
「自分たちのスタイルをまずはしっかり貫いて、そうすれば内容もついてきて勝利も近づいていくと思うので、自分たちのスタイルを貫くことをしっかり出したいです」

Q.その自分たちのスタイルというのは?
「自分たちがボールを支配して、チャンスをより多く作ること。ただボールを持つだけでなくて、相手が嫌がるボールの持ち方とか、嫌がる仕掛けを数多くしていくことです」

Q.注目選手は?
「うちの中心はキャプテンの桒原(呂偉)だと思うので、彼の相手の動かし方や配給の仕方に注目してもらいたいです。彼が気持ちよくプレーしているときはチームがうまく回っているときですし、その時に、前線の選手、特に藤原志龍も輝くと思います。彼ら二人がチームの生命線だと思います。ただ、その二人だけではなく、後ろから全員でしっかりボールを動かせることが自分たちの強みだと思うので、全員に期待しています」

Q.一回戦に向けた意気込みを。
「まずは1回戦、群馬戦にしっかり勝てるように準備していきたいと思います」


●桒原呂偉(3年生、キャプテン)
Q.プリンスリーグ四国では負け無しで来ています。チームの状況はどうですか?
「まだもっともっと強くならないと、1回戦で勝てても次はヴィッセル神戸U-18(プレミアリーグWEST1位)と対戦する可能性があるので、初戦は大事にしてしっかり勝って、2回戦に向けてしっかりと準備したいと思います」

Q.目標は?
「1回戦は、今チームでなかなか得点が取れていないので、大量得点が目標です。大会としては、一つずつ、勝っていけるようにしたいです。」

Q.トップチームの練習試合にも参加していますが、そこで学ぶことは?
「球際とかの強さやスピードが全然違うので、すごく勉強になります。」

Q.大会への意気込みを。
「一つずつ大事に戦って勝っていって、優勝まで出来ればいいな、と思います。」

【俺のここに注目!】
「得点に絡めるパスです。スルーパスとか、そういうところを注目してください!」


●乾智樹(3年生)
「まずは、初戦突破を目指して頑張ります!」

【俺のここに注目!】
「自分は足元の技術は、四国ではだれにも負けないと思っているので、後ろからのビルドアップやフィードを見てもらいたいです!」


●森田凜(1年生、今年7月にU-15日本代表に選出)
「代表では通用する部分もありましたが、アピールが足りませんでした。オフザピッチ、オンザピッチ含めてみんな、やるべきことを決めていて、そのレベルが高かったので、それは上手くなるなって思いました。
1回戦で勝てたら勢いに乗れると思うので、内容も結果もしっかり残したいです!」

【俺のここに注目!】
「ボールを受けてから、ドリブルだったりで取られない自信があるのでそこを見て欲しいです!」

※明日は、倉貫コーチ、藤原志龍選手、久米航太郎選手、前田波嶺選手のコメントを掲載紹介します!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ